とりあえずのこれから

Ca高値の原因は副甲状腺機能亢進症とわかって、

MEN1の副甲状腺機能亢進症の治療は4つある副甲状腺を全摘して、そのうち一つを上腕に自家移植するというもの。

全摘、移植をしたら、今度はCa値が下がりすぎてコントロールが難しくなる。

Ca値は高すぎても、低くすぎても色々厄介な症状が…。


もともと膵NETになった時にはCa値は正常だった。それに家族にMEN1を疑うような人は全くなく、だからまさかまさかの展開( ̄◇ ̄;)

で、いつからCa値が高かったのかを調べてみると、ちょうどザノサーを開始する2年くらい前から時々逸脱する値が…。
ザノサー治療中は大量の生食を投与するので、一時的にCa値は下がり、最近はそんなに採血も頻回にしてなかったから、気にとめるの遅かったかも。

だけど、経時的にはやっぱり上がってきてる。


で、これからについてを内分泌のセンセと相談。

いずれは手術が必要になるけど、今は高カルシウム血症の症状がないため様子みることに。Ca値が11.0を超えてくるようならまずは 内服でコントロールし、最終的には手術となる方針。
また全身麻酔をかけて手術をするとは思わなかった。
早かれ、遅かれ、いずれは手術。
とりあえずは症状ない今が長く続きますように。
これ以上、生活の質を落としたくないし、仕事にも遊びにも支障がでるのもごめんやわ。

そして、しばらく推移をみながら、並行して、MEN1のその他起こりやすい疾患(下垂体腺腫や副腎腫瘍)をフォロー予定。

NETだけでも厄介なのに、ほんとにもう!って感じです( ̄◇ ̄;)

MEN1についても、ホルモンについてもさっぱり。??がいっぱい。
検査が出揃い、ザノサーの評価が終わったら関電にもと思ってる。


あいにくの天気が続いてるけど、京都の桜ほぼほぼ満開に。



スポンサーサイト

クリスマス

毎年、クリスマスをどう過ごしていたか記憶にない!

今年も?もちろん仕事でした。

久々実家で過ごすクリスマス。

母はここんとこめっちゃ調子よく過ごせてます。
母は病気になって、新聞の広告をよく見るようになったからか、季節のものを気にするようになりました。
例えば、食べ物とかもその時期のものを食べたがるように。
そして、クリスマスも。

ずっとずっと仕事人間で、あんまりというか全然そんなの気にする人ではなく、小さい頃からクリスマスプレゼントもケーキもあんまりなかった。
子どもの頃はさみしかったなぁ。
まぁ、ビンボーだったしね。

そんな母が仕事帰りに電話すると、今日は友達に連れて行ってもらって、チキンとピザを買ってきたと。
そしてケーキ食べたいと言ったので、急遽、帰りにプレゼントと小さいホールのケーキを買いました。

プレゼントは時間もなかったので、ニットの帽子とユニクロの超極暖のシャツ。
抗がん剤の影響で随分髪の毛が薄くなったので、外出時には必ず帽子を被ってるし、うちと一緒で超寒がりだから。

きっとチキンもピザもケーキもほとんど食べれないんやろうけど、気分だけでも感じられたらいいかっ。

うちはうちで、昨日の休みにめっちゃ久しぶりに出かけたので、自分のご褒美にとばく買いしてしまいました。
コート、コート、コート。アウターばっかり(笑)

それにしても、百貨店の地下は人、人、人。疲れたー。

あれこれお出かけ

母が膵臓癌と診断されて、あまり長い時間は残っていないと知って、
できることはないかと考えた。

もともとずっと仕事をしてたので、じっと家にいるのはストレスアップするようで…。

体調万全とはいかないけれど、無理しながらだけど、
あっちこっち行ってみた。

まずは6月初め、生検後、尿管ステントの手術までの間、雄琴温泉にマロンを連れて1泊2日。
抗がん剤治療が始まる前にと。




9月中旬、Wステント留置して退院後間もなく、これもマロンと彦根の犬様様のリッチなホテルへ1泊2日。
これがいつか行こう、行こうって言ってたところ。
何とか少しは食べれる状態で行くことできて良かった。







琵琶湖に入り、2歳の誕生日を祝ってもらい、マロンが一番幸せそうでした。


9月末~10月初めにかけて、妹達がいる福岡で合流して、生まれ育った鹿児島へ2泊3日。




帰ってきてからはかなりのしんどさでへたばってたけど、住んでたとこを歩いてみたりして懐かしかったよう。


10月末にまたまたマロンを連れて、和歌山へ1泊2日。





振り返ると、
まあまあ、お出かけしてるやん。
毎回、当日まで行けるかひやひややったけど…。
なんとかかんとか、なったもんだ。

ザノサー12クール目(2016.11.21~)

昨日から入院して始めています。
前回と比べて大きなトピックスはないけれど、前日にかなり無謀にマラソンとかに出ちゃったもんだから、体の浮腫は治療前からあり、体重はすでに+2キロからスタート。
利尿剤にも反応乏しくむくむくです。3~4日で引いてくるかなー。

誕生日プレゼント

大台誕生日からもうすぐ3ヶ月、振り返って…。

その日はザノサー治療後の自宅療養中で、母の胆管ステントと十二指腸ステントの挿入日。


ステント留置は苦渋の選択。
CVポートを留置してサクッと帰るはずの入院が思わぬ事態に、母のストレスも増強。そして、W狭窄の現実に膵臓癌の厳しさを突きつけられ、このまま退院できないこともあるかもと本気で考えた。

ステント留置の難しさと留置後の再狭窄の現実を何度も経験し、どうしてもシビアにとらえてしまう。

この時先生から12月は厳しいかもしれないとも聞いたし…。


この入院で家に帰れないなんて、これっぽっちも考えてないだろうに…。
入院が大嫌いなのに…。

このまま処置を受けてもいいのだろうか…。

ずっと行こうと言ってたマロンとの旅行、今なら食べれないけど、行けるじゃないか。

とか…。

処置は受けるつもりだけど、一旦家に帰してあげなくてもいいのかって、
色々ぐるぐるまわって、最善って何なんやろうって。


でも、ぐるぐるまわってたのはうちだけで、母の中ではやらないという選択肢はなかった。


センセも気持ちをわかった上で、勝算はある、次の旅行の候補日までに退院も見込めると思ってくれてたので、信頼して任せることができました。

そして、今、この時があるんです。
自宅療養、色々あります。ケンカ勃発だらけで腹も立つし、疲れもします。
でも、一緒に過ごせる大切な時間をいただきました。

ザノサーの侵襲残る中、ケーキも何にもなかったけど、
センセからの最高のプレゼントでした。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR