FC2ブログ

ステロイド効果は

前回退院後はかなりへばり、復活までに時間を要しました。

なので、今回はステロイドの内服を持ち帰りました。
デカドロン0.5mg2錠×3日分。


で、その効果は??




ありました、ありましたよ。


5FUを足してから、なんとなくの嘔気と食欲低下、倦怠感は入院中の早い段階からすでにあったので、
帰ったその日、翌日はいつも通りしんどかったです。

それでも前回よりはマシ?な感覚はありました。

で、月曜日からはしんどいながらも朝起きて夜寝る生活リズムになり、サッカーのベルギー戦も観戦したりと、それなりの生活を送れ、リバースすることなく、食事もそこそこって感じでした。
体重は2キロ減りましたが1キロはすでに戻っています。


デカドロンは結局2日間飲みました。


5FUを足して変わったことは、

①胃腸の調子は数日間低下
嘔気や食欲低下にたまーに胃痛、そして下痢までいかない軟便を1日に4~5回くらい。それでも通ってるだけで、嘔気がマシな気がして、便秘より全然楽です。
メトプロクラミドやネキシウム、ミヤBMにお世話になりながら、徐々に回復。持ち帰ったストロカインは出番なかったです。

②口唇の荒れは投与1週間くらいしてから出現
前回もですが、口内炎までいかない口唇の荒れがしばらく経ってからやってくる。気のせいかとも思ってたけど、今回もだったので、やっぱり軽度の粘膜障害なのか??

③退院後のネムネム期の減少
ステロイド内服が多少影響してるかもですが、ザノサー単剤ほどのネムネム期はないような気がします。眠れてる方が楽なのにと思ったり…。



で、明日から復帰です。
病棟は連日かなり忙しいらしいので、頑張って働きます!

ただこちらはかなりの大雨で、桂川の水位も上がり、渡月橋も通行止めになっています。実家を含む多くの地域で避難指示が発令中。
朝から緊急エリアメールが鳴りまくってます。
まだまだ雨は続くみたいなので、被害が心配です。
スポンサーサイト

フルオロウラシルの副作用

ザノサー単独治療時にも副作用は色々あったけど、その都度微妙に量を調節して、何とか乗り越えてきました。

フルオロウラシルは前回と今回途中段階なので、まだ未知の世界。

薬の添付文書や薬剤師さんのお話では、
主な副作用は

・下痢、腹痛
・食欲低下、嘔気・嘔吐
・骨髄抑制
・色素沈着
・口内炎などの粘膜障害
・吃逆

です。

で、自分に当てはまるのは…。

・下痢、腹痛
→確かにあんなにザノサー中便秘に悩まされ、マグミット、センノシドを入院中は毎日飲んでたけど、前回は4.5日目はスキップしても産めるようになってたし、帰ってからも時に差し込まれる腹痛や下痢までいかない軟便がありました。
そして、今回も便秘薬は飲みながらですが、毎日あって、やや緩め。吐き気のためには便は流れていってもらったるほうがましなので、スキップするか悩む中。
帰ってからは全く便秘と皆無の人なので
整腸剤を出してもらいます。

・食欲低下、嘔気・嘔吐
→前回、これが何より辛く、今もいつくるかと不安に思いながら。
病院食の摂取量は減る一方ですが、お菓子やゼリー、くだものはまだ何とか食べれてます。嘔吐はないけど、胃痛があって若干危険サイン。

やっぱり帰ってからかな、不安…。

で、デカドロン1mg×3日分の持ち帰りと
胃痛は前回退院後もあったので、ネキシウムと併用可能なストロカインを持って帰ろうと思ってます。

久々のHbA1Cは5.5だったので、3日内服のデカドロンの影響はなしでょと勝手に。
影響が出るとしたら、骨密度に引っかかってるので、骨粗鬆症薬が微妙なところ。明日に内分泌内科フォローです。

・骨髄抑制
→心配してたけど、今のところはクリアで一安心。重ねると出てきやすいのでしばらくフォローが必要です。

・色素沈着
→食道癌の患者さんで、末梢から投与してると血管に沿って、血管が青くなく黒い線が…。見た目もちょっと悪く色素沈着してるのみてました。そしてうちの手にも前回分はごくうっすらと。

・口内炎
→予防的にケナログ持って帰ったけど、気になるほどは大丈夫でした。

・吃逆
→これも食道癌の治療ではよく見かけたけど、量も違うのかでてません。柿のヘタを煎じたので対処してた人いてました。


ざっとはこんな感じです。

そろそろ4日目突入です。

ザノサー+フルオロウラシル2クール目始まりました (2018/6/25~)

いよいよ2クール目。
最近はおさぼりさんで、基本の6週間を最長では10週にまで延ばしていたので、それを6週に戻すと、えっもう!って感じです。慣れって怖いですね。

前回よりはもう少し、心身の状態の落ち込みを抑えたいところ。

事前準備として、まずは休みを1日多くもらうことにしました。前回、何とかなりましたが、体重3キロ減で食事がさほど食べれない状態での復帰は、ギリ、気力で何とかなったかなーと印象。命を扱う仕事、中途半端にはできないし、安全策をとりました。

そして退院後はステロイドの内服を準備してもらうことに。リンデロンにするか、デカドロンにするかや投与量はこれから調べたり、薬剤師さんに効いたりして決めようかと。
あれあれ、患者が主治医になっちゃってるよ^_^:

化学療法を長く続ける術、PS維持のために副作用対策も大切。
この3年間の化学療法、地味に薬剤はマイナーチェンジしてきました。

・便秘→マグミットとセンノシドで 調節
・浮腫、息切れを伴う体重増加→利尿剤内服
・前投薬のステロイドの量は適宜調整
・制吐剤→イメンドは最大の5日処方
・胃粘膜保護→ネキシウム内服
・味覚障害→ブイクレス摂取
・不眠→眠剤内服

はじめから行っていたものもありますが、体調に合せて、途中から始めたものや量を調節したものもあります。

化学療法だけでも心身にダメージを与えます。化学療法ででる副作用症状ももちろん、それ以外にある痛みなどの症状もうまくコントロールできることが、続けるモチベーションにつながると思います。

うちは少しの知識もあり、主治医とも10年以上の付き合いだから、相談しやすい環境で恵まれてます。

だけど、患者や家族自身が今ある苦痛症状を正確に伝え、対処を依頼する姿勢もすごく大事です。怯んでしまいそうになることもあると思いますが、勇気をだして、伝えることでの症状の軽減の模索が、自己効力感を高めます。

そして、今は治療と並行しての緩和医療の時代。
食事が入りにくいなどであれば、在宅でも点滴をしてくれます。
うちの母も病院が大嫌いな人でしたが、栄養状態はかなり悪かったので、在宅で点滴をしながら、大学病院への治療に通ってました。互いのドクターとの連携で過ごしたい場所での補助療法も可能な時代になってきたと思います。

これはうちが看護師だからではなく、地域連携を通して往診医や訪問看護を調整してもらいました。
それに訪問看護実習に行った先の看護師さんが帰りたい、家で過ごしたいと意思があればどんな人でも帰れますと言われていて、プロ意識の高さを実感し、母の時も一人で抱え込まずもっと早くから頼んだらよかったなぁって思いました。

主治医以外に相談できる人がいるって心強いですよね。連携で生まれる力もあります。
治療中の早い段階でから緩和ケアチームの介入や在宅医や訪問看護の導入などがもっともっと進んでいくと良いなぁって思います。

あっ、またまた脱線しまくりで、しかも長文…。


はい、今日2日目、前回のトラウマを払拭しきれずですが、1日1日クリア目指して。
久々マロンです。


やっぱり来たか、吐き気。

うーん、後半にさしかかり、みんながあげていた吐き気という感覚を感じるようになった!?

胃重感や食欲不振をからちょっとレベルアップした感じ。

あんなに大好きなお米が食べたくない。
食べたいものがわからなーい。

前向きに捉えたら強制糖質制限(-.-;)y
いやいや、そんなことを言ってる場合じゃない。

こないだの福岡の勉強会でも栄養をしっかりとることで、抗がん剤治療を受けれる体力をつけることが大切って言われていたし。
だって、普段は人より肉もご飯もお菓子もなんでもがっつり食べてるのに、採血結果では栄養状態を示すALB(アルブミン)やTP(総タンパク)がここ最近は基準値より極軽度下回る。こんなにPS(パフォーマンスステイタス)よいのに長年のケモの影響が少しはあるのかもと。

だから、ちょっとずつ口にね。食べれるものを食べれるだけ。
果物やゼリー、うどん、トマト、豆腐あたりかな。

でも、まだ大丈夫!なんとなくのモヤモヤくらいだし、上がってくることもなしいし、頓服での吐き気どめ追加もしてない。
退院時にはもらっておこう。持ってるだけで安心材料。


外泊帰り、あんみつ食べて失敗(^^;;
吐き気増強。


吐き気以外にも、そろそろ、不定期に襲ってくる眠気の波と頭がぼんやり、集中力低下。これ一種のケモブレイン?って。

いつものパターンから、またまたブログから遠ざかりつつありそうな…。

まぁ、また綴りたい時に、綴れる時に。

副作用全般や復調時期、仕事復帰への影響などはまたまとめて残したいなぁと思っています。





ラスト1日、ファイトー。

ザノサー+フルオロウラシル(5FU)のレジメン

今日もしっかり?ブログ更新。
やっぱり眠れずで、朝方からはレジメンや副作用について真面目に勉強してみました。



今のところは嘔気とまでもいかない感じの胃重感と食欲不振と便秘が主で、よく言えばザノサー単独と変わらない。時折襲ってくる眠気はいつもより早め?ねむねむ期の前兆??

<消化器がん3版 レジメンブック>の57.ストレプトゾシンより


5FU  400mg/m2/日  30分  day1~5
STZ  500mg/m2/日 30分 day1~5

5日連続投与後37日間休薬の6週間を1クールとして、明らかな病状の進行や継続不可能な有害事象を認めない限り繰り返す。

また注意点にはSTZの縮小効果が得られるまでの時間が通常より遅く、<約4ヶ月後にみられたり、休薬後も治療効果が維持されるなどの特異的な効果発現様式が報告されていると嬉しいことも書かれていました。



で、実際、今うちが受けている投与量、投与方法です。(ちなみに体重は50+α)

①生理食塩水500ml    1時間

②生理食塩水100ml
   アロキシ静注0.75mg 1本
  デカドロン注射液6.6mg1本     30分 *

③生理食塩水100ml
  フルオロウラシル注615.2mg     30分

④生理食塩水100ml
  ザノサー点滴静注用769mg     30分

⑤生理食塩水500ml    1時間

⑥生理食塩水500ml    2時間

⑦ロック

*②のアロキシ静注は初日のみ、デキサート注射液は2~5日は3.3mgに減量して投与してます。(デキサートはザノサー重ねながら、今の量に落ち着いたところで、今回の様子をみて微調整があるかもしれません。)


その他の内服薬は、
・吐き気止めのイメンドカプセルは初日は125mg、2~5日まで80mg
・胃粘膜保護にネキシウム
・浮腫、体重増加にフロセミド0.5錠を1~3日まで
・便秘でマグミットやセンノシド
・眠剤2種類

ザノサー単独からチェンジしたものはなしです。


今日はわざわざしまともさんが面会に来てくれました。
久々の再会にいっぱい話して、鴨川散歩して、気分転換!
心配かけちゃったかなぁ。
でも、元気だったでしょ。


夜ごはんはいまいち食べたくなくて、

大好きな果物!!


そんな横でドクターヘリがやってきてました。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR