やっぱり来たか、吐き気。

うーん、後半にさしかかり、みんながあげていた吐き気という感覚を感じるようになった!?

胃重感や食欲不振をからちょっとレベルアップした感じ。

あんなに大好きなお米が食べたくない。
食べたいものがわからなーい。

前向きに捉えたら強制糖質制限(-.-;)y
いやいや、そんなことを言ってる場合じゃない。

こないだの福岡の勉強会でも栄養をしっかりとることで、抗がん剤治療を受けれる体力をつけることが大切って言われていたし。
だって、普段は人より肉もご飯もお菓子もなんでもがっつり食べてるのに、採血結果では栄養状態を示すALB(アルブミン)やTP(総タンパク)がここ最近は基準値より極軽度下回る。こんなにPS(パフォーマンスステイタス)よいのに長年のケモの影響が少しはあるのかもと。

だから、ちょっとずつ口にね。食べれるものを食べれるだけ。
果物やゼリー、うどん、トマト、豆腐あたりかな。

でも、まだ大丈夫!なんとなくのモヤモヤくらいだし、上がってくることもなしいし、頓服での吐き気どめ追加もしてない。
退院時にはもらっておこう。持ってるだけで安心材料。


外泊帰り、あんみつ食べて失敗(^^;;
吐き気増強。


吐き気以外にも、そろそろ、不定期に襲ってくる眠気の波と頭がぼんやり、集中力低下。これ一種のケモブレイン?って。

いつものパターンから、またまたブログから遠ざかりつつありそうな…。

まぁ、また綴りたい時に、綴れる時に。

副作用全般や復調時期、仕事復帰への影響などはまたまとめて残したいなぁと思っています。





ラスト1日、ファイトー。
スポンサーサイト

ザノサー+フルオロウラシル(5FU)のレジメン

今日もしっかり?ブログ更新。
やっぱり眠れずで、朝方からはレジメンや副作用について真面目に勉強してみました。



今のところは嘔気とまでもいかない感じの胃重感と食欲不振と便秘が主で、よく言えばザノサー単独と変わらない。時折襲ってくる眠気はいつもより早め?ねむねむ期の前兆??

<消化器がん3版 レジメンブック>の57.ストレプトゾシンより


5FU  400mg/m2/日  30分  day1~5
STZ  500mg/m2/日 30分 day1~5

5日連続投与後37日間休薬の6週間を1クールとして、明らかな病状の進行や継続不可能な有害事象を認めない限り繰り返す。

また注意点にはSTZの縮小効果が得られるまでの時間が通常より遅く、<約4ヶ月後にみられたり、休薬後も治療効果が維持されるなどの特異的な効果発現様式が報告されていると嬉しいことも書かれていました。



で、実際、今うちが受けている投与量、投与方法です。(ちなみに体重は50+α)

①生理食塩水500ml    1時間

②生理食塩水100ml
   アロキシ静注0.75mg 1本
  デカドロン注射液6.6mg1本     30分 *

③生理食塩水100ml
  フルオロウラシル注615.2mg     30分

④生理食塩水100ml
  ザノサー点滴静注用769mg     30分

⑤生理食塩水500ml    1時間

⑥生理食塩水500ml    2時間

⑦ロック

*②のアロキシ静注は初日のみ、デキサート注射液は2~5日は3.3mgに減量して投与してます。(デキサートはザノサー重ねながら、今の量に落ち着いたところで、今回の様子をみて微調整があるかもしれません。)


その他の内服薬は、
・吐き気止めのイメンドカプセルは初日は125mg、2~5日まで80mg
・胃粘膜保護にネキシウム
・浮腫、体重増加にフロセミド0.5錠を1~3日まで
・便秘でマグミットやセンノシド
・眠剤2種類

ザノサー単独からチェンジしたものはなしです。


今日はわざわざしまともさんが面会に来てくれました。
久々の再会にいっぱい話して、鴨川散歩して、気分転換!
心配かけちゃったかなぁ。
でも、元気だったでしょ。


夜ごはんはいまいち食べたくなくて、

大好きな果物!!


そんな横でドクターヘリがやってきてました。

治療方針決定の経緯

今のところ、毎日ブログ更新、頑張ってます!


ようやく、関電受診後のお話についてかけそうです。
それ以外でも母のことや、MEN1のこと、日頃の思いなど、綴りたいことはいっぱいあるのに、時間は待ってくれず、仕事に追われるとたちまちストップ。考え過ぎてサクッと書けないのも敗因。


昨日から新たな治療が開始し、ちょっぴりセンチメンタルになってたわけですか、
メッセージや個人的に連絡もくれ、改めて応援してくれる仲間の存在に感謝です。

なかなか弱音をみせれないうちですが、しばらく会ってなくても、たった一言でも、すーっと、心に滲んできます。

治療転換期には本人も支える家族も効果があるか、副作用で苦しまないか、そんな不安を感じながら、歩まれてたんだと。

またまた話が逸れました。


治療方針は

関電病院でもうちの病院でも、
①やや正体を露わにしてきたやつはやっぱりラジオ波で早めに対処する。
②その後の抗がん剤治療は関電はザノサーに5FU足して継続、うちは使用経験ない5FUにどこまでの相乗効果があるかはわからないし、副作用という点でどうかという思いはありましたが、関電の方針で意義なし。

その他の方針は、患者がラジオ波が嫌なら、まずはザノサー+5FUを2クールくらいして評価し、制御できてないならRFAとの方針でした。


消化器内科の友?もRFA推しだったので、揺らいではいました。
しまともさんのくちかずこさんは無痛RFAをやってる施設も教えてくれて、そんな方法があると知れて、有意義な情報でした。


ただ現実問題、看護師の勤務表はかなり前からの作成で、次の治療が決まる前にすでに休みは決まってました。

で、そこから考えると、その時期ぴったりRFAをぶちこむことは担当科も変わることもありし、入院前の受診や検査、ベッド的にも不可能。

そして、うちでは5FUを足して行うメニューはお初で、レジメン作りから薬局の倫理委員会を通すなどもあり、こちらも間に合うかはグレー。
なので、選択するというよりは、
手続きが間に合えば、5FU入り、間に合わなければ、今まで通りのザノサーのみの方針になったのです。


一番おススメのRFAを大きくなる前に今するほうがよいのかとか、
ザノサーだけだったら、大きくなり放題じゃないかとか、
5FU足したら、日常生活どうなるんだろうとか、1回我慢のRFAとザノサー単独が生活の質には一番なのかとか、
やっぱり悩みますよね。

でも、今は仕事の決まったシフトをごちゃごちゃ変えてもらってまで突き進む気になれなかった。もちろん言ったら変えてもらえたと思います。でも、できるだけ最低限の迷惑だけで今は乗り過ごしたい。いつかは絶対、今以上に迷惑をかけるようになるから、できるだけ。

先生達もこれにしましょうと言い切ることもないし、それはって待ったをかけることもありません。

だから、どれも許容できる範囲の選択だと受け止めています。

それに、うちには守るべき子どもも相方もいないから、ぐいぐい積極的な治療方針の変更にもやや消極的。

仕事やプライベートと治療とお金とのトライアングルをいかによりよく保つかかな。

決めた方針に進むのみです。

少し見通しがたちそうなんで、旅行計画も立てたいな。

急に不安になりました。

ちょっと前にアップした記事には野望とか大きなことを言ってましたが…。

今日はいつもより早く目覚めて、急に不安に陥りました。

今日からザノサーに5FUを足しての抗がん剤治療開始です。

最終的にこの治療が決定したのはついこの前だけど、きっとそうなるだろうとは思っていて、しまうまさんの中には同じ治療をしている友もいる。
これなら頑張れるかなぁと、心の準備はできていて、昨日寝る前まではなーにも思ってませんでした。

でも、目覚めたら、これからちゃんと仕事続けられるかなぁって、ふと。

1剤追加することで吐き気や倦怠感、食欲不振などの急性期症状が増強することもはぁーとため息が出ますが、

それは時間が経てば回復してくるし、耐えて待つのみだと覚悟しています。

でもその後にくる骨髄抑制、どれほどのものなのか…。

ザノサーではありがたいことに全くと言っていいほど、血球は下がりませんでした。ヘモグロビンなんて、常に13~14あって、なんなら健康な人より高いって感じで、貧血に悩まされたことはありませんでした。感染症も起こすことなく、仕事も急に休むことはなく、それがあったから今まで続けてこれました。

そんなふうに今までと同じ生活できるのかなぁって。
欲を言えば仕事も旅行もマラソンも。

夜勤もあって体を使う仕事、今でも多少の疲れやすさがあるのに、慢性的な貧血とか大丈夫かなぁって。


うちには両親も相方もいません。自分で働いて生活をしていくしかなく、あと何年生きれるかわからないけど、仕事を辞めてしまえば、たちまち経済的な不安がでてきます。多少の貯金はあってもマンションのローンもあるし、辞めてしまえば減る一方。

支えてくれる親族はほぼゼロ、けっこう深刻です。だからこそ、せめて経済的な面では誰にも迷惑かけずに自立していたいと思っています。特に両親はとてもお金に苦労した人で、それを目にしながら育ってきたのでね。

そんな思いがぐるぐると。
それでもうちはまだ恵まれている方だと思っていますが、がんと就労、がんとお金の問題は深刻ですよね。


でも、明るくなった空をみたらそんな不安もすーと、隠れていきました。

やってみないとわかりません。
やりながら、やれる方法を見つけていくしかありません。
体に合わせて、仕事と治療、どちらを妥協するか、どちらも妥協しなければならないのか、
その時々でしか決めていくしかありませんからね。

新しいことを開始する時には不安はつきものです。

さー、マロンの散歩に行って、そろそろ入院準備しないと!!!

保守派(関電受診前)

日々忙しい時間を過ごしながらも、今後の治療については仕事が終われば、自然と頭の片隅から戻ってくる。

どうするべきか…。

限られた治療法の中でもまだ選択肢はいくつかあるわけで、その中で自分にとっての最良って…。

とりあえず考えられる治療法は、
①ザノサー継続
②ザノサー+5FU
③アフィニトール
④スーテント
⑤テモダール+ゼローダ(横浜市大の治験)
⑥ラジオ波orTACE

これくらい。


できれば、今のままの生活スタイルは変えず、オン・オフが分かれてるほうが頑張れる。

仕事は病棟で夜勤も続けたいし、プライベイトは旅行や可能ならマラソンもできたら。

そうなると、①②⑥が選択肢。

ただ悪化の結果を考えるとザノサーで耐性がついてきてる中で、このまま続けても良いものかと。

薬剤のスイッチのタイミングって難しい。

ちょびっと大きくなりだしたのは1cm弱のやつとどうかなー??って感じのやつ。新規病変がなく、大きさ的にもPDの判定には至らない。

その時点でのスイッチはまだもったいないという考え方と暴走しだしてからでは手をつけられないという考え方。

うちの中ではファーストチョイスする薬剤はどの薬剤でも比較的効いて、その後はどの薬剤を選択してもなかなか効果を得られない印象。

それはすでに暴走し始めてるから、ブレーキがかかりにくいからなのか?

ただ他の癌ならファーストラインに使う薬剤は決まっていて一番効くとされてるけど、NETはどの薬剤もファーストラインになり得るので、相性が合えば効くのかも知れない。


で、???

なーんて、あーだ、こーだと色々と考えは廻るわけですが、

でもやっぱり新しい薬剤へガラリと変えるまでの気持ちになれない。それが自分の中の答えです。

新しい薬剤へのスイッチには生活スタイルの変化の不安が伴い、その生活スタイルを獲得するまでも時間は必要で…。

もちろん、これしか方法はないとか、これがどう考えても一番よい治療だと明言されるなら揺れ動くかも知れません。


それに、前にも書きましたが、この3年弱の生活にはほんとに満足していて、これから悪化していっても、それはそれで仕方ないのかなっと、そんな時期に来たのかなと受け止めてます。

決して諦めたわけではなく…。

そう、だからほぼほぼ自分の中での答えは決まっていたのです。

今現時点では譲歩できても+5FUまでなんです。


あとは局所療法をどうするか。局所療法を追加しても、全身化学療法は続きます。

ちょっと仲良い消化器内科のセンセはラジオ波を勧めいます。

そのセンセはカルテ閲覧履歴が残るため、カルテは見ていません。
うちからの情報だけで、MRIの結果がでた時にはこんなやり取りを。

セ:まぁ、大丈夫やろ
うち:画像も見てないのにどこに根拠があるん?
セ:野生の勘
うち:まぁ、まだもう少しは大丈夫やろと思ってますけど

決して気休めは言わないセンセですが、なんともテキトーなやり取りが楽なんですよねー。

で、エコーを受けて、

うち:今すぐRFAじゃなくて、もう少し粘ってもいいかなぁってお言葉もらった
セ:どやろ?まぁ、そやな
うち:えー、他にいい方法ある?
セ:早めに焼いといたら?
うち:えー、痛いん勘弁。主治医にもなってくれへんし、(処置中)寝かしてもくれへんのに
セ:まぁ、いつも言うけど、大丈夫やろ
うち:東京オリンピックくらいまでは生きれるでしょ
セ:そういう話じゃなく、2個焼いたらなくなるんやろ。うるさそうやから、横でドルミカム入れる役するよ
と。

ありがたい言葉にちょびっと気持ちは揺れますが、ラジオ波ってほんと痛いんですよね。むかーし、その介助についていた看護師としてはなかなか踏み切る勇気がありません。

と、結局は新しいことに踏み切る気にはなれず、保守的です。

さてさて、どうするか。
今日は関電デーです。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR