FC2ブログ

節分祭 ~四方参り~

2/3の節分の日、京都では四方参りがあると前日に知って、ゆっくり走りながら、参ってきました。

マラソン+ピクニックを足して、マラニックというらしい。

四方参りとは、
御所の四方の鬼門を護る四つの神社(吉田神社、壬生寺、北野天満宮、八坂神社)があります。
この四社にお参りすることを「四方参り(よもまいり)」と言います。
節分の夜、邪気(鬼)はまず、北東の表鬼門にあたる「吉田神社」に現れ、吉田神社を追われ、次に南東の「八坂神社」、南西の裏鬼門「壬生寺」、そして最後に北西の「北野天満宮」まで逃げてきて、北野天満宮の福部社の中に閉じ込められるそうです。

吉田神社


節分ではとっても有名な神社⛩
1等はなんと車が当たるという抽選付き福豆を買い、七転び八起きのだるまくじを引きました。
吉、今年はなんかいいことありそう💕
  

朝早くから露天がたくさん並んでました。
売り切れ必須という巻き寿司買って、焼き小籠包を食べて、次に向かいます。
  

南に下って、八阪神社


八阪神社でもくじ付き福豆を購入。

くじの景品はスポンジでした。

西へ進む中、またまた寄り道。
中華粥の看板をみて吸い込まれていきました。


ようやく、壬生寺


壬生寺の節分会では『ほうらく奉納』という厄除け祈願が名物となっています。
ほうらく(炮烙)とは素焼のお皿で、
奉納したお皿は春に行われる壬生狂言の演目『炮烙割』の上演中に舞台から落とされて割られ、自分のお皿が割られることで厄除け・開運となるのだそうです。

普段は神様とか仏様とか、あまり意識はしていませんが、
今年はどうしても、抗がん剤治療を出来るだけ長く休薬したい!
という、思いは強く「病気平癒」と書いて奉納してきました。
  

最後に、北へ上がって北野天満宮


北野天満宮は梅が有名で、ここでも思いのままという梅の枝と梅干しを購入。
   

これにて、四方参りは終了。

自分にも、周りのみんなにも、たくさんの福がありますように。
スポンサーサイト

ジョギング始動

仕事復帰して3日。
シャバは自由でよいが、危険もいっぱい。
すでに喉が痛い。
前々回、前回と肺炎や風邪にすぐにやられるという、免疫力低下ぷり。
インフルエンザの猛威にも怯え、
手洗いとアズノールでのうがい、早めの葛根湯やPLの内服で予防に努めています。


そんな中、ジョギングを再開しました。
11月のラフランスマラソン(ハーフ)以来。
その時でも制限時間ギリギリで、前にみたいに思うようには今はもう走れない。まだ5キロ走るのがやっとです。

やはり抗がん剤のダメージは大きい。
それでも肝転移をしてから、毎年1回は続けてきたフルマラソン。
ゆっくりでもいいから、完走を目指したいと思います。
名古屋ウィメンズマラソンまであと1ヶ月少し。体調崩さずにスタートラインにたてるかな。






写真はアップ出来てなかった、ラフランスマラソン。
りんご畑の中を走り、エイド毎に名前の通り、ラフランスがいっぱい。
紅葉も真っ盛りで、完走後の芋煮汁美味しかった!





マラソン前には秘湯の湯、姥湯温泉の枡形屋に泊まりました。
秘湯過ぎて、行き道は険しくハラハラドキドキ。
とってもいい湯でした。

いよいよ京都マラソン

明日はいよいよ6回目の京都マラソン。

そう、初めて京都マラソンに参加したのがちょうど6年前で多発肝転移がわかった時。

一番の衝撃でした。今では涙も出ないけどたくさん泣きました。エンディングノートを書いたり、定期貯金を解約したり、葬儀場を考えたりと命の覚悟もしました。
そして、多発転移したことを誰にも言えずにマラソンを走りました。

あれから丸々5年。いちおの区切りの5年。

手術、手術に今も続く抗がん剤治療。
それでも毎年毎年走り続けることができました。

肝転移をしたしまうま仲間さんの中には、残念ながら旅立たれた方も、そして今なお厳しい状況に置かれている方もおられるのが現実。

そこになんの違いがあるのかわからない。なぜうちは生きられて、なぜあの人は生きられなかったのだろうって。

人それぞれ。
こうして元気に過ごせる時間を持ててることはほんとにありがたいこと。

とあるセンセにはK i67指数は低くないので、いつ顔つきを変えるかわからないと言われたことがあります。
Ca値だってどうなるかわからない。

生かしてもらっている。

だからこの5年間、走らないという選択肢はできなくて、ここまできました。


エントリー行ってきました。




帰りに食べたランチ。



走る前には毎回不安に襲われる。


痛いのは気のせい、しんどいのは気のせい。
前見て、楽しく走ります。



走りました!

なんやかんやいいながら、京都マラソンゴールしました。

しんどかったぁ。

練習もなかなかできず、神戸マラソンでの惨敗のトラウマ。
走らなきゃいけないという自分でかけたプレッシャー。

テンションあげられず、楽しめたのかと言うと、どうだかわからないけど、走り出したら、ただただ42キロは長くて、あーだ、こーだ考える余裕なんてどこにもなく、一歩一歩前に足を運ぶだけ。

地元であることや、たくさんの声援が後押ししてくれた。


そして何より「一緒に走ろうよ~」と誘って、のっかってくれた仲間の初マラソンのゴールにめっちゃ感動。

普段、仕事と二人の子育てに追われ、少し走ったら膝が痛いとほとんど練習できていないのを知ってたので、勝手に42キロは無理だろなって思ってた。

ゴールして、友達がちゃんと走り続けてるのを知って必死に応援しました。
自分の走りより必死でした。

制限時間ギリギリのゴール、諦めずに走り続けた姿にほんとに涙、涙。

タイムがどうだとか誰がどうだとか、そんなん一切関係なくて、ただひたすら前だけをみて、自分信じて進む。

そこにはうちが忘れてしまったものがたくさん詰まっているようで、何よりの走って良かったと思えた。


病気もそうだけど、あれやこれや考えすぎて、自分で自分を窮屈にし、追いこんでしまう。

発想の転換って大切だなぁと思う。
どうせなら、楽しまなきゃ損!
わかってるんだけど、難しい。


でも、膵NET11年目突入、多発肝転移で抗がん剤していてもこうしてフルマラソン完走できる!

病状は人それぞれだけど、膵癌とは違って粘れる病気。

まだまだチャレンジできることはあるはずさぁー。





きっと走ってます。

明日は京都マラソン。

もちろん思うような練習なんてできず、なんだかもやもやとテンション上がらず…。


エントリー時の夏にはすでに母の膵臓癌がわかっていて、きっと走れないと思ってた。
それでも母の膵臓癌がなんとか現状維持くらいでいけますようにと願掛けてエントリーしたんだよね。
そして、心細くてみんなから力をもらいたいって、周りと一緒に頑張りたいって色んな人を誘ってた。
あの時は前向きだったんだなぁって。


そして明日を迎え、
母は奇跡的に現状維持できてる。
いやいや状態は確実に悪化、腫瘍のコントロールができず、痛みも嘔吐も増している。ただ変わらず母の希望である家で好きなことをして過ごせてる。
そんな意味で現状維持。
ほんとによく頑張ってくれてて、こんなふうに明日を迎えられて嬉しい。
だからこそ、明日が終わると急激に悪化するんじゃないかって不安や恐怖もある。

あの時はみんなで一緒に頑張りたいって思ってたのに、今はどうせうちのしんどさなんてわからない、みんなみたいに楽しめないって卑屈になってる。
みんなの頑張りやみんなからの応援を素直に喜べなさそうで、そんな自分が嫌だったり…。

そんなんだったらやめたらいいのにって思うのにそれもできなくて…。

心って複雑。


だから、今日はテンションあげるために明日食べるご褒美のイチゴ大量に買いました(笑)


明日が終われば、きっと出て良かったって思えるはずだよね。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR