FC2ブログ

看護部長との面談

看護部長、組織のトップです。
今年4月から新しく変わりました。

そんな部長から一度面談をしたいと言われていて、ちょっとドキドキしてました。

内容はがんと就労についてでした。

仕事に対する思い、病気についての理解の求め方、働きやすい点や反対に働きにくい点、上司や組織に求めることなど、色々話を聞いていただきました。気がつけば、1時間半ほど経過してました。

面談といっても、ほぼうちの思いを傾聴していただいた形です。

部長は緩和ケアの認定ナースでやっぱり傾聴のプロでした。緩和ケアチームの結成や緩和ケア病棟の立ち上げに尽力をされた方です。
消化器病棟で働いていた頃にはたくさんの患者さんのケアに介入をしていただき、緩和ケアのレベルアップ講座を受講した時にもお世話になりました。

今度は組織のトップとして、がんと就労問題に目を向け、実際を知って取り組もうとしてくれてることに患者として、とても心強く感じました。まあまあ大きな組織、変えていくのは容易ではありません。
年数が経って組織のトップになられても、変わらぬ思いを持って働かれてる姿を知れてとてもありがたい時間でした。


そして、そんな部長にいずれはもう一度大人のがん看護に携わりたいことを伝えました。

今の病棟でも在宅レスピの患者さんやNICUから小児科へ移動し、退院へつなぐ看護など、まだまだ十分にはできていないし、やるべき課題もあるので、もちろん今すぐではなく、いつか…。

消化器内科を出る時、決して逃げ腰ではなかったけど、エンドレスの治療が始まる前で、同病者さんを含め終末期の厳しい状態を看ることも多く、また違う世界で新たに頑張りたいと思ってました。

あれから3年半、治療に向き合う自分、母を看取った自分、職場以外での同病者との関わりを通して、今ならあの時よりも患者さんや家族の気持ちを柔軟に受けとめられるんじゃないかと。

母はあんなにしんどい治療をしながらも生にこだわり続けていたこと、ある意味覚悟を決めてる自分…。

様々な患者さんがいる。そして、家族にしかわからない気持ちも知ることができて、今ならもう少し看護の幅が広がって、寄り添えるんじゃないかと…。

何かを置き忘れてきたような気がして、いつかきっと。


京都は祇園祭の季節です。



あの豪雨が嘘のような晴天続き。
被害の大きい地域の一早い復興を願いながら。
スポンサーサイト

疲れてます

ここ最近、仕事が忙しすぎて疲れてます。

慣れない仕事の上、連日の残業。
朝7時前には家をでて、帰りは21時、22時くらい。拘束時間が14時間にも及ぶ(-.-;)
そして、また朝がくる。

ブラック企業だー!!

しかも、残業代を正直につけると医療費の限度額が上がりそうなんで、ほどほどにしかつけられない↓↓

4月って、毎年こんなんだった?


エリア移動やボス交代の環境変化と連日の忙しさ、先の見えないやつの行方(まだ何にも動いてません)になんだか余裕ない日々を送っています。


そういいながらも弾丸で遊びには行きました!

山梨県へ4人で、桃源郷マラソン!

マラソン、これっぽっちもそんな気分になれない中、富士山見ながら走りました!

富士山はやっぱりいいなぁ。






例年なら桜も桃の花も満開の季節ですが、残念ながら散り始めてました。
それでも、菜の花と桃のコラボは綺麗でした。


プチ異動

出会いと別れの季節、春ですね。
お花見はもう少し先かな。

退職する人がいて、新人さんを迎える時期になり、それに伴い部署でも異動がちらほらあり、バタバタとしています。

うち自身は小児科病棟は変わらないですが、その内部でのエリア異動がありました。

病棟には2つのエリアがあって、

今までは抗がん剤治療や骨髄移植など小児がん患者の看護をしていました。
治療はかなりハードで、骨髄抑制が強く、免疫力の低下から、基本病棟外へ出ることはできず、食事や面会、行動制限も厳しいです。そんな非日常な生活が半年、長ければ1年以上続けている児と家族のサポートをしてました。

そして、今度は感染症や膠原病、けいれんやてんかんなどありとあらゆる疾患に対応が必要です。中には先天性遺伝子疾患の児もいて、18トリソミーで重い心疾患から長くは生きるのが難しいとされた児もいます。医療の進歩により、人工呼吸器をつけてNICUをから一般病棟へ、そして在宅へとつなぐそんな仕事も担うことになります。

同じ小児科でも全く違う仕事、毎日テンパって、プレッシャーを感じながら何とかやってます。

そして、今までは感染症からは守られていたけれど、今度はインフルエンザやノロやロタ、アデノウイルスなどの児もたくさん入院してきます。
骨髄抑制はないものの、脾臓なく、ケモ継続中でもあるため、自身の健康管理も今以上に気をつけないといけません。

こんな煩雑な時期に治療をしているうちじゃなければいけなかったのかという思いもありますが、いずれは経験しなければとも思っていたので、そこにはきっと意味があって、看護の幅を広げるためにも必要なことだと思い、また新たな世界を見つけられるよう頑張ります。

でも、いつかはまた成人でのがん患者の看護に携わりたいと思っています。



仕事が忙しいと

新年度が始まり、ひよこさん達もやってきて、ほんまに毎日忙しい( ̄◇ ̄;)
来る日も来る日もバタバタで残業続き。

なので、無事にザノサー入院にたどり着き、どこかでホッとしてる自分もいたり…。
その反面、うちの病欠中はさらにマイナスで働かないといけないことを想像すると怖すぎる( ̄◇ ̄;)

新人さんが育つまでは特に人が足りない上に病棟は満床、みんなに申し訳ない気持ちと引け目から勝手に居心地の悪さを感じてしまう。

「こんなんでどうして回すのー」などのみんなの悲鳴のような声、
GWは諸事情を考え、今年は休みをもらった結果、欲しかった休みが入らなかった人もいたのも事実、
やっぱり心が痛みます。

決してうちに向かって愚痴ってるわけではないし、割り切らなければいけないことも十分わかってはいます。

そう、仕方ないんです。そこは。
病棟で働き続けると決めた以上は。
だから、今自分にできることは、
休んでない時に頑張ることと、
治療を続けながら仕事をできる環境を確保してくれてること、理解し、協力してくれる仲間がいることに感謝すること。
それしかないから。

気持ちに余裕がなくなって、思いやりや感謝の気持ち、忘れがちにならないようにしなきゃ。

色々あるけど、堕ちずに頑張ります!


自分の立ち位置?

ついこないだ、
乳癌、肺転移を克服した看護師さんが認定看護師の資格をとったという記事が新聞に載っていた。経験したからこそわかる痛みをケアしたいと。

こんな記事を読むと
すごいなぁと思い、今の自分にもまだまだできることがあるんじゃないかと刺激を受ける。
そして、一方で、無理と思って立ち止まってる自分に気付かされる。

「なにかを」という気持ちがあってもそれがなんなのか…。雲がかかってて見えない。
そして実際行動に移すとなるとこれまたエネルギーがいる。

このままでいいやという気持ちとこのままでいいのかという気持ち。

で、最後はまっいっかとなる。


そんな今日はボスとの面談。
自分がたてた目標に対する自己評価と他者評価。これが給料の査定になる。
どんな評価をしても、受けても、病欠をすればプラス評価にはならない。

骨髄移植の看護やらターミナルケアやグリーフケア、係の目標をあげてはみるけども、
内心、本心は、そんなのどうでもいい。
今の仕事(生活)のスタイルを体調不良なく1日でも長く続けられること
それが唯一の目標。それ以外に目標なんてほんとはない。

今の自分にできること、考えはするけど、向上心にはやっぱり欠けてるのかなぁ。

でも、まっ、いいや。
明日は明日の風が吹く。






プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR