自宅療養③

2006年にNETと診断されて、手術を繰り返し、3度目の自宅療養。
自宅療養中は時間があるから特に色々考えてしまう。
今から振り返っても、心が病んでたなって思う。

今回の入院で、
多発肝転移をどう受けとめ、これからどう生きていくのか、いつかの再発や死についても考えていかないといけないと思った。

冷静に受けとめてるつもりでいたけど、そんな思いがどこかで重圧になってたんだと思う。

看護師として働く中、たくさんの癌患者さんやご家族さんと接し、多くの最期にも関わってきた。
患者さんには苦痛緩和を中心に穏やかな最期を迎えられるよう、ご家族さんには
大切な家族を失う現実を受けとめられるようにと思って日々ケアを行っている。

治療効果が得られなくなったとき、治療ができなくなるとき、そして、死期が近づいているときなど、患者さんやご家族さんにはその時々でたくさんの葛藤がある。
希望や目標を持ちながらも、現実を受け入れてってもらうために、どう関わりを持つか悩むことも多い。

そんな経験が、自分の最期についてもどうあるべきかを考える。

今後どういう経過をたどるかや、厳しくなってきた状況を察知できる力はそこそこあると思うし、長い付き合いになってきた主治医もすべて話してくれると思う。
だから、そういう時がきたら、じたばたせずに、ちゃんと受けとめなきゃいけないって思ってた。
そして、残される家族の悲しみも最小限であってほしいと願うのも確か。家族にもちゃんと自分の死を受けとめてほしいと求めてしまう。

看護師であることで、先々まで考えてしまうところがあったり、どこかに弱音が吐きづらかったり、優等生の患者を演じてしまってるとこもある。

だけど、やっぱり看護師と患者の二足の草鞋、器用に履きこなすのは難しい。

こうあるべきと求める自分と今の自分、いろんな思いが錯綜し、行き場を失って、半日くらい泣き続ける日があった。
それは、ちょうど関西で行われた患者会に参加した翌日。
退院して、まだ2、3日しか経ってなくて、ちょっと無理して参加。
同じ病気を持つ仲間と知り合えたこと、そして、そのなかには、同世代くらいの仲間がいたことは、とても心強く感じたのも確かだったけど、自分の病状を口にして話すことは、病気と向き合うことになる。

それが、身体的にも精神的にもバランスがとれてない時には負担になったのか、感情のコントロールができなくなった。
病気になってから、親には極力心配をかけたくないから、感情を表に出すことははあんまりなかったけど、止めれない涙はどうすることもできなかった。
ほんとに病んでたなと。

はじめてリエゾン(心療内科)とか必要になるんじゃないかと感じた。
こんなんでは、仕事復帰もできないと思い詰めた。

多くの癌患者さんがたくさんの思いや葛藤、不安を抱えてる。
リエゾンなどの専門医に話を聞いてもらうことは治療をしていく上でも大切なサポートとなっているのも、理解してるつもり。
今回、そこにも助けを求めることはなかったけど、いつか、またこんな日が来たら、その時は…とも思う。
仕事への復帰を遅らすことは可能だったと思うけど、復帰を遅らす選択はさらに自分を追い詰めることになる気がして、予定通り復帰の道を選んだ。

今から思えば、あんなに悩んだり、苦しんだりしたけど、結局、解決してくれたのは時間だった気がするなぁ。
思い詰めてる時には、そのことしか見えてないし、どんどん迷路を進んでいく感じ。
少し時間が経つと、客観的にみれる。悩んでた自分を外から見れて、認められる気がする。
考えても答えが出せないこともたくさんあるし、なるようにしかならないって思えることも大切と。

だけど、あの時、あんなに悩んだり苦しんだことは、きっと受容ためのステップアップの一歩で、今に続いてるんだと思う。
スポンサーサイト

紅葉狩り

最近、全然お出掛けしてないし、仕事も忙しくって、ふさぎがち。

ストレス発散にと先輩とドライブへ。
京都にもたくさんの紅葉スポットがあるけど、混んでるし、何となく京都じゃ、お出掛けした気分にならないしと、おとなり滋賀県へ。

先輩がプラニングをねってくれて、湖東三山のひとつ、金剛輪寺と永源寺に行ってきました。

金剛輪寺には新しいインターが1ヶ月前に開通してて、降りたらすぐでとっても便利。
中は広くて、散策できて、いい感じ。
紅葉はめっちゃ見頃でした。



本堂から見える三重の塔



そして、お昼は精進料理を食べて永源寺へ。
永源寺ではとってもキュートなお地蔵さんが。



誰かに似てる(笑)

入ったところすぐの紅葉がとっても綺麗でした。



よい気分転換になりました。

術後の疼痛

腹腔鏡から開腹手術となったことで、傷口もそこそこ大きく、そして今までの縦の傷に加え、への字に傷が。
横切開は正中創に比べて、痛いと知ってるから、ちょっとびびってた。

だけど、手術から帰ってた後もそこそこでいけてる。気になるのはお腹の傷よりもむしろ肩の痛み?
もちろん痛いけど、一度目の手術に比べたらまし?って感じでした。

身体が慣れたわけではなく、きっと硬膜外に入ってる痛み止めがよくなったんだと思う。7年もたてば、医学も進歩する。
今回は持続的に入ってるチューブにボタンがついてて、痛みが強くなれば、それを押せば薬が早送りできるようになっている。患者自身で管理できるようになってて、それにも驚いた。

痛みは日にち薬というから、このままいけるかと思ってたけど、そう甘くはなかったぁ(T.T)
硬膜外チューブの痛み止めは2、3日でなくなる。そして、チューブ抜去とドレーン抜去が重なり、ドレーンが想像以上にお腹の奥に入っていて、抜く時にお腹の中をかき回されるような痛みが…。あえなく撃沈( ̄□ ̄;)!!
もともと痛みに強いほうではないので、皮下からレペタンという鎮痛剤のおかわりを。それで何とか復活。2日後になくなる時にはその半分量でまたまたおかわりいただきました。
レペタンはそこそこきつい薬。鎮痛効果に伴って眠気も。不眠もあるし、夜間は適度に早送りし、ウトウトと(-.-)Zzz・・・・

2013年3月21日腹腔鏡下肝部分切除

1度目は膵尾部切除、2度目は脾門部リンパ節+脾臓切除、そして3度目の今回は肝臓の手術。

転移は術前検査では4ヵ所。肝臓の右葉にも左葉にも。当初は術式に右葉切除も検討されていたが、今までの経過から、今後も再発の可能性が高いことを考え、大きくは切除しない方向になった。もし、次に再発しても、切除できる可能性を残すために、今あるものを切除し、わからないものは触らないということに。
手術を受ける前から次の再発のことを考えなくてはいけないのは複雑だけど、大きな手術になれば、身体への負担も大きいし、最善の方法だと納得。

そして手術は腹腔鏡下の予定で行われる。腹腔鏡は胆嚢や大腸の手術では主流となってきているけど、肝臓や膵臓ではここ最近のこと。外科で働いてる時にはなかったもんなぁ。
腹腔鏡は時間はかかるけど、手術侵襲も少なく、傷口も小さい。術後の回復は開腹手術に比べて早い。

主治医は前回、前々回のS先生もM先生も今は病院にはいないので、今回は別の先生に。でも、I先生もK先生も外科の時に一緒に働いてたので、顔見知り。
K先生は同世代で、今回疑われた時から、色々説明してくれたり、検査の段取りをしてくれたり入院までにも色々お世話になった。
そして、Y先生は初対面だったけど、しゃべりやすい先生で一安心。いつもゆっくり話を聞いてくれるので、入院中は一番話を聞いてもらってた気がするな。いずれセカンドオピニオンに行きたいと考えてることも話した。

手術当日は予定通り8:30に手術室へ。手術室の看護師さんも1度目の手術を担当してくれた看護師さんで、仲のよい先輩の友達でもあるから、心強い。優しい声かけに安心する。
まずは硬膜外チューブの留置。術後、ここから鎮痛剤を持続的に投与する。
スムーズに留置でき、いよいよ麻酔。
当然ながら、ほんとに一瞬でおちてしまう。3.2.1で以降の記憶全くなし。
で、次に記憶が戻った時にはもちろん手術は終了していた。
時計を見ると11:30。
前回、前々回ともに予定より早く終了したこともあり、一瞬昼前と錯覚するが、さすがにそれはない。
夜中の23:30で病棟に帰ったのは、ちょうど日付が変わる頃だった。

帰室は夕方くらいと聞いてたので、意識なく、何にもわからない本人と違って、待たされてた親は気が気じゃなかっただろうなと…。

そして、ここから長い夜がはじまった。前回も前々回も帰ってきたのはお昼過ぎで、検温などで起きるけど、気がついたら眠っていたので、翌朝まで長いと感じることはなかった。
けど、今回はほとんど眠れなかったぁ。痛くてとかしんどくてって感じじゃなかったけど、とりあえず時間がたたない。看護師さんが来るたび時間を確認し、「まだ1時間も経ってない」の繰り返し。
まぁ、もともとどこでも眠れるタイプじゃないので、仕方ないとは思いつつも、そこそこきつい眠剤もほとんど効かず。ようやく明るくなってくると1日が終わったんだとちょっと安心した。

朝には主治医から手術の説明があった。
予定通りじゃないこともあり、その1つが癒着も強く、腹腔鏡のみでは困難で開腹が必要になったこと、そして2つめが術前に思っていた以上に腫瘍は多く、10ヵ所切除したということだった。

さすがに10ヵ所には絶句、そして肝臓全体に飛んでるんだと認識。
再発するかどうかではなく、いつの時期に再発するのかという気持ちに変わり、その思いがそれからずっと離れないでいる。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR