藤の花

一日のなかでも浮き沈みの激しい毎日を過ごしながら…。

首がいたいとか、息が吸いにくいとか、胸がドキドキするとか、相変わらず何となくの症状もあったりするけど、考え込むと不安になるから、気のせい、気のせいと言い聞かせてる。

なんやかんやあっても、ごはんも睡眠もそこそこ維持しながら、ちゃんと仕事こなせてるしね。

そして、またまた夜勤中にも関わらず、ぷらっと出掛けてみる。

4日間に限って鳥羽水環境保全センターで藤棚の公開をやってるのを知って、思い立って即行動!

深夜が終わって、京都駅からの臨時バスに乗って向かう。意外にもたくさんの人にびっくり。

施設内にはまずハナミズキが。といっともハナミズキがこんな花を咲かせてるのも知らなかったんだけど…。



藤の花はこんな感じ。




芝桜も見頃をむかえてて、藤とのコントラストもきれい。


新緑のもみじの葉っぱとも。



最近はやけに自然にひかれ、花を見る機会も増えた。
年とったせいもあるんだろうけど、病気になってから特にそう。

道ばたに生えてる何気ないタンポポですら、頑張って生きてるんだなぁってしみじみ思えて、なぜか感傷的。
それが菜の花だったり、つつじやひまわりだったり。

それぞれの季節にせーいっぱいきれいな花咲かせてて、強くて儚い。

そんな花みたいにとは思わないけど、何気ない毎日を、季節を感じて生きてくようになったのかな…。

ちなみに花言葉。
ハナミズキは「返礼」「私の思いを受け取ってください」
藤は「歓迎」「恋に酔う」


やっぱり病んでる??

で、現実に戻ったら、その夜も深夜、やっぱやりずき。身体を休めるのも大切なことなひとつ、わかってるんだけどね。

心と身体のバランス、仕事と病気の両立、しばらくの課題だな。
スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR