2014年6月9日:腹腔鏡補助下肝部分切除術+ラジオ波焼灼術(RFA)

手術前のICでは厳しいこともたくさん言われ、もしかして開腹しても何もできなかったってこともあるんじゃないかって一抹の不安もあったけど、予定通り、肝部分切除+RFAを行えた。

予定通りといっても、腫瘍はどれだけあるかは開けて見ないとわからない状態であり、8病変(4~5の肝部分切除)と5ヶ所のRFAを行った。多いといえば多いけど、今あるものはすべて治療できたという意味では予定通り。今回の一番メインとなると言われてたS7部分の血管に近い病変も無事切除。ただ術前はRFAは1ヶ所と聞いてたけど、結果は5ヶ所。残す正常肝を考えてのことだったそう。

手術室へは朝の8:30頃に着の予定。日勤前の友人や師長さんが見舞ってくれて、ようやく手術するんだと実感も沸いてくる。
ただハプニングもあって、来るはずの母が来ない!なぜだかこんな時に限って車のエンジンがかからないと、急遽タクシーで向かうことになったそう。
時間的には間に合いそうだったけど、着くまでは絶対に手術にいかないでほしいとか言うし、こっちまで焦る。母の気持ちもわかるけど、病院事情にも詳しいし、さすがに待ってともいいにくい。母には絶対に帰ってくるからというメモを残すとともに待機の方法や鍵の扱いなどを書いてみる。
まっ、結果はまあまあ余裕で間に合ってよかったんだけど、そこでやっぱり機嫌が悪くなる。だって、変な緊張させられた上にあれこれしゃべってくるし、もう!って…。余裕ないよっ!!

いよいよ手術、はじめは腹腔鏡を用いて、癒着剥離。開腹するのとどちらが早いのかはわからないけど、剥離に相当時間がかかり、実際の治療が始まったのは、16時頃だったとのこと。そこからは開腹し、内科の先生でソナゾイドを用いて造影エコーしながらRFAを行い、外科に代わって部分切除を行ったそう。
で、麻酔を覚まして、病棟に帰室したのはおそらく22時くらい??

ぼんやりした中、主治医から切除とRFAを行えたこと説明を受けた気がする。
スポンサーサイト

鴨川散歩開始(術後5日目~)

術後すぐのダメージは今までで一番半端なかった。
でも5日たったら、こうやって病院周辺を歩けるまでに回復できる。
人間の身体ってすごいよね。

動けるようになったら、お昼は鴨川でサンドイッチ食べたり、翌日にはしまうま仲間さんが面会にきてくれたのもあって、ホテルオークラの1000円ちょっとのランチボックスを持ち帰り、鴨川で食べ→ケーキを持ち帰り病室でまた食べる。
何でも食べて、制限なくて、いかにも病人らしくない。

さっ、仕事復帰に向けてのこれからは、リバビリしなきゃ。
やっぱり少し動いたり、ごはんたべたり、お風呂に入ったりと日常なにげにしてる動作でもかなりの疲労感あり。少しずつ、少しずつ。

毎朝みんなの通勤時間にあわないように5~7時くらいが散歩時間のベスト。早起き気持ちーよ。(てか、目が必ず覚めるだけなんだけど)
行き先は、
鴨川や御所、梨木神社、ちょっと足のばして下鴨神社とか…。
だけど、たまってるブログやメール、ラインみてたら、あっというまに時間が過ぎて、休憩しながら歩いてます!

とりあえず、2~3日前のこと書いてみた。
書きたいことは色々あるけど、ちびちび遡りなからブログも更新しようと思います。

まずは励ましや心配してくださった皆様、ほんとにありがとうございました。まあまあ元気になりました。

そしてブログも自分の振り返り、どこかで誰かの役にたてればと、細々続けられたらなぁ。



これは鴨川にお見舞いにもらった蛙さんも一緒に散歩。なぜか朝食まえのミルクティーと大人ガルボ持って(笑)



御所と梨木神社。ラジオ体操誘われて一緒にやってみたけど、傷にひびくなぁ。
梨木神社はお水がおいしいので有名です。



下鴨神社、朝は人が少なくて糺の森も神秘的。干支ごとにわかれた参拝もあります。









いよいよ明日は手術

あんまり実感のないまま、明日がやってくる。

今日は朝に病院に戻る予定になってたけど、一人で帰るのは心細いからと付き添ってくれる先輩がいて、昼前にはも一人の先輩が来てくれた。で、準夜前に先輩と後輩2人が顔を見せてくれ、さらに日勤終わりの先輩がかけつけてくれた。
気がつけば、消灯までずっと誰かが付き添ってくれてた。

病気の報告ができたのは極限られた人だけだったけど、たくさんの励ましと心配のメッセージをもらい、少しでも気分転換になればと仕事帰りに寄ってくれてごはんや散歩に誘ってくれた。

その中の一人、病棟で一番仲良くしてる後輩は今日こんな横断幕をプレゼントしてくれた。



早く良くなりますようにと。心のこもった手作り横断幕にめっちゃ、力と元気をもらえた~。

病気のこと、多くを語れないうちだけど、そっと支えてくれ、見守ってくれる仲間の存在、とってもありがたい。

みんな素敵な友達であり、バリバリの看護師さん。

今日の1日は…
せっかくみんなもきてくれたので、最後の悪あがき、先生にお願いして、お昼ごはんの外出をする。帰りに出町ふたばの豆もち買ってみんなで食べたぁ。
だって、しばらく美味しいもの食べられないもん。

帰ってきて、マグコロールPという下剤を内服。もともと便秘体質じゃないから、かなり大変!飲み終わって10時間経つけど、まだまだお腹ぐるぐる。もう20回はトイレ通ったんじゃないかな。お尻が痛い(>_<)


夕食後から朝までにOS-1 2本のノルマもあって飲んだらまたまたお腹の刺激になって悩ましい。

あとはお臍のごまがきれいか、剛毛じゃないかみてもらってシャワー。

そして明日はナースステーションの近くにお引っ越しのため、その時必要なものひとまとめにして、

そうそう、麻酔科の先生も挨拶にきてくれてた。

ざっとこんな1日だった。

あんまりゆっくり考える暇がなかったのが、かえってよくて今に至る。

そろそろ寝なきゃいけないけど、お腹がもう少し落ち着いてほしいところ…。

たくさんのパワーをもらい、明日はちゃんと前向いて臨めそう。

三室戸寺のあじさい

午前中ICでひるんだけど、IC後は最後の外泊。

体力維持と気分転換を兼ねて、帰る前に貴船に行く予定にしてたけど、あいにくの雨。で、急遽三室戸寺のあじさい見に行くことにした。
そしたら南に行くほど、なんだか雨あしが強くなる。あじさいに雨は似合うというけど、短時間はどしゃ降り。見頃はもう少し先かなって感じやったけど、色とりどりのあじさいに癒された。



いよいよ明日には病院に強制収容。頑張ります。




IC(インフォームドコンセント)

今日は母とともに手術の説明を受けた。
いやいや、けっこう厳しい内容で正直ひるんだ(>_<)

内容は
・腫瘍は7~8ヵ所くらい。開けてみてもっとたくさんあるかもしれない。肝表面の病変は部分切除、深い病変はRFAをする。
・一番の山場はS7の一番くっきりみえてるところ。血管に近く、また前回切除部位とも近いため癒着による出血の危険性も高い。ここはRFAはできない。
・腫瘍が思っている以上に拡がっていれば、そのまま閉じることもある。
・予想以上に出血すれば手術の継続は困難になる可能性もある。
・切除しても再発の可能性はある。手術が完璧な治療ではない。
・手術時間は前回と同じくらい長くなることもある。

こんな感じかな。

もちろんリスクは説明しないといけないけど、なんだかできないって言われてるみたいに聞こえてきて、どんよりなってしまった。

それに母にとってもシビアな内容で申し訳ないと思う。
最近母は言う、「自分より先には逝かないことを約束して」「諦めきれない」と。だけど、これはわかってないからじゃなく、シビアな状態を察知してるからこそなんじゃないかと。厳しい内容で言いたいことはたくさんあったと思うけど、グッと受け止めてるようにみえて母はやっぱり強いと感じた。

一番恐れてることは、手術が終わった時にできなかったと言われること。

不安を言ったらきりがない…。

だけど、だけど、今更じたばたしても仕方がないし、なるようにしかならない。
自分が決めた道、信じて進むしかないんだって言い聞かせる!

自己血採取

今日のビッグイベントは自己血採取。

自己血は手術時の出血に備えて、前もって自分の血をとっておくというもの。

働いてると患者さんにはばんばん輸血してるのに、いざ自分にとなるとやっぱり抵抗がある。

先生は積極的にってわけじゃなかったと思うけど、前回手術時は癒着と手術時間が長かった影響でまぁまぁな出血量だった。
今回も輸血が必要になるほど出血するとは思ってないけど、麻酔科の外来でCV(中心静脈ルート)をとると聞いて、ん?と若干不安になった。
肝切といっても部分切除やし、しんどさも前回と一緒くらいと考えてたけど、もしかして認識甘い?と。
で、主治医に輸血必要になるなら、自己血がいいといってみたら採ることに。あくまで念のため…。

初体験。
針刺して、バッグに血液貯めていくだけ。全部で400mI。ヘモグロビンにしたら1.5~2くらい下がるかな~。意外に大丈夫。

ってか、手術までに採った分のヘモグロビンあげなきゃ意味がない!
仕事終わりに先輩達が迎えに来てくれるから、今日の夜は外泊しておいしいもの食べなきゃ。鉄分摂取!!
同時にフェロミアという鉄剤内服。人によっては鉄剤で気分悪くなる人もいるからちょっと心配。
お通じ黒くなるのかな。








患者に専念

今日で仕事終了し、明日からしばらくお休みです。

毎回思うけど、事故起こさずに無事終えられてほっとする。

よく頑張ったと自分に言ってあげる(^^)v
誰も言ってくれないから(笑)

ここ数日は1日3、4時間くらいしか寝れなくて、なぜかお腹の調子も悪かった。食べても吸収されずってのがけっこう続いてた。
手術の実感はまだ全くないし、おそらくみんなに言わなきゃいけない、仕事の整理をしなきゃいけないというプレッシャー?
最終日は救急入院もあり、ハードに働きました(* ̄∇ ̄*)

みんなにもちゃんと?伝えた。
病棟の人達にはボスからで、自分からは定期的にメンテが必要な状態、気持ちぶれずに仕事をすることを優先してきたから報告が遅くなったとしか言えなかった。

で、仲良い人達(よくつるんでる6人組)には一斉にメールで報告。このみんなは膵腫瘍からの肝メタは知ってる。それでもさらっと手術することくらい。
多くの気持ちを伝えると、返事みて泣いてしまうから。
何となくそうかなっと感じてたと何人かに言われて、それだけがなぜだかちょっと悲しかった。
みんなそれぞれに気持ちのこもった返事をくれて、全力でバックアップしてくれる。
言えて、スッキリして、今はうちの気持ちは誰にもわからないって思いはなく、素直に甘えようと思える。相変わらず明るく振る舞ってしまうけど、わりきれたからなのか、堅くなさは削られたような気がする。

この他は数人のみ報告。

あとは組織のトップにご挨拶。看護師の世界もピラミッド式。部長がいて副部長が数人。なかなか足がむきにくい場所。あいにく部長は出張中で、言付けして終了のはずが、副部長の中には師長としてお世話になった人もいて、顔をみて声かけられると涙…。こんなとこに落とし穴が…!いつも優しく、うんうんと聞いてくれる上司だったから、忙しくててんぱってたのも影響して、なんだか安心して涙。
これはこれでスッキリした。

泣きたいのか泣きたくないのか、言いたいのか言いたくないのか、強がりたいのかそうじゃないのか自分でもわからない。
相反する気持ちを持ちながら…。

いろんなことから開放されて、明日からは患者に専念します(^^)


MRIとCTとエコー

MRIでは診る先生によって違うけど、やつは10±α。

こないだとったCTでは結局、S7部分の1カ所のみ指摘。

そして造影エコー。今回はじめて経験。エコー中にソナゾイドという造影剤を使用すると、やつが見え易くなり、術中やつを探しにいくのに役にたつというもの。そして、多血かどうかもわかりTACEの適応になるかがわかるそう。ただエコーなんで深いやつはわかりにくいという欠点はある。
結果は数ヵ所は同定できた。術中は直接肝臓にあてるので、さらに見え易くなるとのこと。


で、いったいやつは結局いくつあるんだ?開けてみないとわからないってのが正直なところ?

この結果をふまえると、うちにはEOB‐MRIが感度がよい(いつもこれでひっかかる)けど、それぞれの検査の特徴もあり、おりまぜながら検査を受けてくのがいいんだろうな。


手術はもちろん今あるやつをすべてとる(一部はRFAも検討)
それができると判断されたから手術になった。

それでも再発の可能性はかなり高い。負担をかけて手術するだけの価値があるかと言われる先生もいるかもしれない。

だけど、現時点では根治を目指す!
きっと肝再発での手術はこれが最後になる。次は切るという選択肢はない。

これを受け入れるためにも、取りきる(根治)にこだわる手術はうちには意味のある。

(手術までに)できること、すべきこと?④

【入院準備】
NETでは4回目の入院のため、必要なものはだいたいわかってる。

ただそこで働いてるから、病室を一歩でたらどこで誰と会うかもわからない。先生や看護師以外に患者さんにも。
そんな関係もあっていつも入院は個室。でも元気になってくるとずーと引きこもってるわけにもいかないし、脱走するためにある程度の身だしなみが必要。

まず、いつも入院が決まったら絶対にすることの1つが美容院に行くこと。
もともと癖毛なので、朝ドライヤーしなければボサボサ半端ない。さすがに術後一週間くらいはそんな余裕ないし、矯正かけて、ショートにしてる。
最近は伸ばしてないけど、最初の2回はばっさり。入院じゃなくても気分を変えたい時には髪型変えてたし、そんなに抵抗なかった。かえって気持ちもさっぱりできていいくらい。
頭皮のほうが汗を感じやすくて、痒くなる。シャワーや体が拭けないこと以上にシャンプーできないことのほうが苦痛で、見舞いにきてくれた友達にまめに洗ってもらってた。そのためにも短いほうが楽チン。
今回もまっすぐにしたけど、毛先のプリンちゃんが気になる。時間あればカラーに行かないとっ!!

あと必要なモロモロ(持参物品)はお気に入りのものにしたり、無駄に買いたしてしまう。4回目だし使い回してるものもあるけど、微妙に季節が違ったりするから、日頃使わないパジャマも新調したり、シャンプーやボディーソープなどはちょっと贅沢にしてみたり…。
そんなことでちょっとでも気持ち上げるようにしてる。

同じNET仲間さんのブログにもそんなこと書かれていて、わかる、わかると共感してた。おかれた状況でいかに快適に過ごすか…。女性は気持ち切り替えて臨める生き物なのだと勝手に思う。

あーだったら、こーだったらと考えてどんどん物が増えてく。いったい何日居座るつもり!?
きっと使わなかったというのもでてくるはず(笑)

そして気が付いたら、けっこうお金散財してる…。準備以外にも検査受けたらごほうびにおいしいもの買ったり、夏に向けてと関係ない服買ったり…。ただの無駄遣い??
でもそれで気がすむなら、前向いて挑めるなら、まっ、いっか~と。

誰かの参考になればと…、持参物品書いてみる。

前あきパジャマ、ルームウェア、羽織るもの、タオル、バスタオル、下着(ブラトップも)、腹巻き、靴下、外出用の服、小さいカバン、クロックスもどき、ハンガー

おはし、スプーン・フォーク、蓋つきコップ、ストローつきコップ、お皿、水筒、ふりかけ、スポンジ、台所洗剤
(食器類は割れないようにすべてプラスチック)

シャンプー、リンス、ボディーソープ、洗顔やクレンジングに化粧品、
ハミガキセットやドライヤー(病院にもある)、ボディークリームに着圧ソックス、洗濯洗剤に柔軟剤(アロマジュエルも)、コンタクト(1day、2Week)、めがね、T字カミソリ、毛抜き、耳かき、顔そり用カミソリ、日焼け止め、汗ふきシート、ウェットティッシュ、ティッシュ、S字フック、ファブリーズ、生理用品、大小の袋色々(収納用)、携帯の充電器

筆記用具、ファイル、お勉強道具、はんこ、現金、カード、時計

こんなもんかな??

で、持参物品以外の準備は
・冷蔵庫の整理(空っぽに)
・掃除とゴミだし
・新聞とめたり、回覧板スルーしてもらう連絡
・習い事(ヨガ)の回数券の消費
・限度額の申請
・職場へ提出の診断書
・職場へのお休みするためのお手紙と菓子おり

独り暮らしだと+α、何かと面倒…。

何かまだ忘れてそうな…。


プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR