患者に専念

今日で仕事終了し、明日からしばらくお休みです。

毎回思うけど、事故起こさずに無事終えられてほっとする。

よく頑張ったと自分に言ってあげる(^^)v
誰も言ってくれないから(笑)

ここ数日は1日3、4時間くらいしか寝れなくて、なぜかお腹の調子も悪かった。食べても吸収されずってのがけっこう続いてた。
手術の実感はまだ全くないし、おそらくみんなに言わなきゃいけない、仕事の整理をしなきゃいけないというプレッシャー?
最終日は救急入院もあり、ハードに働きました(* ̄∇ ̄*)

みんなにもちゃんと?伝えた。
病棟の人達にはボスからで、自分からは定期的にメンテが必要な状態、気持ちぶれずに仕事をすることを優先してきたから報告が遅くなったとしか言えなかった。

で、仲良い人達(よくつるんでる6人組)には一斉にメールで報告。このみんなは膵腫瘍からの肝メタは知ってる。それでもさらっと手術することくらい。
多くの気持ちを伝えると、返事みて泣いてしまうから。
何となくそうかなっと感じてたと何人かに言われて、それだけがなぜだかちょっと悲しかった。
みんなそれぞれに気持ちのこもった返事をくれて、全力でバックアップしてくれる。
言えて、スッキリして、今はうちの気持ちは誰にもわからないって思いはなく、素直に甘えようと思える。相変わらず明るく振る舞ってしまうけど、わりきれたからなのか、堅くなさは削られたような気がする。

この他は数人のみ報告。

あとは組織のトップにご挨拶。看護師の世界もピラミッド式。部長がいて副部長が数人。なかなか足がむきにくい場所。あいにく部長は出張中で、言付けして終了のはずが、副部長の中には師長としてお世話になった人もいて、顔をみて声かけられると涙…。こんなとこに落とし穴が…!いつも優しく、うんうんと聞いてくれる上司だったから、忙しくててんぱってたのも影響して、なんだか安心して涙。
これはこれでスッキリした。

泣きたいのか泣きたくないのか、言いたいのか言いたくないのか、強がりたいのかそうじゃないのか自分でもわからない。
相反する気持ちを持ちながら…。

いろんなことから開放されて、明日からは患者に専念します(^^)


スポンサーサイト

MRIとCTとエコー

MRIでは診る先生によって違うけど、やつは10±α。

こないだとったCTでは結局、S7部分の1カ所のみ指摘。

そして造影エコー。今回はじめて経験。エコー中にソナゾイドという造影剤を使用すると、やつが見え易くなり、術中やつを探しにいくのに役にたつというもの。そして、多血かどうかもわかりTACEの適応になるかがわかるそう。ただエコーなんで深いやつはわかりにくいという欠点はある。
結果は数ヵ所は同定できた。術中は直接肝臓にあてるので、さらに見え易くなるとのこと。


で、いったいやつは結局いくつあるんだ?開けてみないとわからないってのが正直なところ?

この結果をふまえると、うちにはEOB‐MRIが感度がよい(いつもこれでひっかかる)けど、それぞれの検査の特徴もあり、おりまぜながら検査を受けてくのがいいんだろうな。


手術はもちろん今あるやつをすべてとる(一部はRFAも検討)
それができると判断されたから手術になった。

それでも再発の可能性はかなり高い。負担をかけて手術するだけの価値があるかと言われる先生もいるかもしれない。

だけど、現時点では根治を目指す!
きっと肝再発での手術はこれが最後になる。次は切るという選択肢はない。

これを受け入れるためにも、取りきる(根治)にこだわる手術はうちには意味のある。

プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR