2014年6月9日:腹腔鏡補助下肝部分切除術+ラジオ波焼灼術(RFA)

手術前のICでは厳しいこともたくさん言われ、もしかして開腹しても何もできなかったってこともあるんじゃないかって一抹の不安もあったけど、予定通り、肝部分切除+RFAを行えた。

予定通りといっても、腫瘍はどれだけあるかは開けて見ないとわからない状態であり、8病変(4~5の肝部分切除)と5ヶ所のRFAを行った。多いといえば多いけど、今あるものはすべて治療できたという意味では予定通り。今回の一番メインとなると言われてたS7部分の血管に近い病変も無事切除。ただ術前はRFAは1ヶ所と聞いてたけど、結果は5ヶ所。残す正常肝を考えてのことだったそう。

手術室へは朝の8:30頃に着の予定。日勤前の友人や師長さんが見舞ってくれて、ようやく手術するんだと実感も沸いてくる。
ただハプニングもあって、来るはずの母が来ない!なぜだかこんな時に限って車のエンジンがかからないと、急遽タクシーで向かうことになったそう。
時間的には間に合いそうだったけど、着くまでは絶対に手術にいかないでほしいとか言うし、こっちまで焦る。母の気持ちもわかるけど、病院事情にも詳しいし、さすがに待ってともいいにくい。母には絶対に帰ってくるからというメモを残すとともに待機の方法や鍵の扱いなどを書いてみる。
まっ、結果はまあまあ余裕で間に合ってよかったんだけど、そこでやっぱり機嫌が悪くなる。だって、変な緊張させられた上にあれこれしゃべってくるし、もう!って…。余裕ないよっ!!

いよいよ手術、はじめは腹腔鏡を用いて、癒着剥離。開腹するのとどちらが早いのかはわからないけど、剥離に相当時間がかかり、実際の治療が始まったのは、16時頃だったとのこと。そこからは開腹し、内科の先生でソナゾイドを用いて造影エコーしながらRFAを行い、外科に代わって部分切除を行ったそう。
で、麻酔を覚まして、病棟に帰室したのはおそらく22時くらい??

ぼんやりした中、主治医から切除とRFAを行えたこと説明を受けた気がする。
スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR