七夕

昨日は七夕。若い時にはあんまり季節とか行事とか気にせず生きてきたけど、年を重ねるとやっぱり風情を感じるな。

週末は2連休をもらってたので、疲れが翌日に残らないようにと、5日に先輩に誘われて七夕笹飾りをしてる貴船神社に行ってきた。

たくさんのご縁があってびっくり!!な1日だった。

まずは出町柳で待ち合わせしたんだけど、そこで、7年前に入院されていた患者さんの娘さんの旦那さんに出会った。患者さんはお父様で、ほんとに濃厚な闘病生活を送られていた。
娘さんはとても熱心で、医療者も何度もカンファレンスしてチームでできることを考えて取り組んでた症例だった。出会った旦那さんはその時は旦那さんじゃなくて、病院ではじめてお父様に紹介されていた。旦那さんはドイツ人で、もひとりの娘さんもアメリカ人と結婚してアメリカに住んでおられるから、少し複雑そうだったけど、嬉しそうにされてたことが思い出された。
それから2回ほど、その時働いていたメンバーでランチをしたことあったけど、その場で出会うこともすごいし、外人さん、ちゃんとお互いわかったのもすごい!って。ほんとに会えてよかったなぁ。あの頃一番仕事も頑張ってたよなってなつかしかった。

で、それから鴨川でパンを食べることにしたけど、食べ始めて一瞬でトンビに手に持ってたの全部持ってかれた。トンビめっ!、早々退散して貴船に向かうことに。

貴船神社に着いたら、大久保佳代子といとうあさこが取材にきてて、わぁ~って。そのままやん!って。

貴船は緑に囲まれて、この季節は川床が有名。ひんやりしてて、流れる川の音も心地よい。
神社では七夕の笹にたくさんの短冊が飾られてて、どんな願いも叶えてくれそうな気持ちになって、
うちらも短冊に願い事を書いて、暑い夏を健康で乗りきれるという、ちのわを買った。ちのわは秋分の日まで玄関の左側に飾っておくそう。

その後、もう少し奥まで進んで、奥宮では鹿にも出会ったぁ。

行きは上りだから、神社までバスに乗ったけど、帰りは下りだし、リハビリにゆっくり歩いて貴船駅まで戻った。

で、またまた出町柳駅ではミラクルが。今はうちの病院を離れ、和歌山で働いている元祖主治医に。元祖主治医は2回目の手術までの主治医だけど、3回目の手術の時も今回の手術の時も必ずお見舞いにきてくれる素敵すぎる先生。だから2週間前には病院にきてくれてた。退院して仕事復帰して、ちょっと元気になった姿が見せれてよかったなぁ。先生は飲みに行くとこって言ってたけど、先週も先々週もそう言ってたよぉ。肝臓専門やんっ、飲みすぎには注意してねっ!今でも心の中では主治医だからね。

夜は先輩2人も加わって、たこ焼きparty。消化器外科で一緒に働いたときからの仲間。やっぱり消化器外科は濃厚過ぎたぁ。毎日忙しすぎたけど、絆はその分深まったんだよね~、きっと。

かなりミラクルで濃厚な1日。疲れたけど、好きなことしてるって心地よい疲れ。たくさん元気をもらった1日でした。

ちなみに翌日はけっこうな雨。七夕前日に降る雨は洗車雨(せんしゃう)と言って、牽牛が織女を迎えに行く牛車を洗うという意味があるそう。七夕の夜に降る雨は酒涙雨(さいるいう)と言って、牽牛と織女が逢瀬の後に流す惜別の涙が雨になったとも、逢瀬が叶わなかった悲しみに流す涙の雨だともいわれてるそう。
素敵な話(^^)

貴船神社の七夕笹飾りは8/15までライトアップもしているみたいです。


スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR