術直後~術後1日目

ちょっと振り返って、手術直後のこと書いてみる。

とりあえず、一言。しんどかった、しんどすぎた。撃沈( ̄◇ ̄;)

ぼんやり曖昧なことも多いのに、はっきりその思いだけは覚えてる。

手術を決断したのは自分。だから弱音は吐かないと決めていた。だけど予想以上にしんどくて、やっぱり手術はそろそろ限界なのかなっと思った。頑張るって決めてたのに頑張れない自分に悲しくて、夜中~朝はスーパーマリオのゲームオーバーがずっと頭に浮かんでた。

まずは目覚めた時から嘔気が…。たぶん硬麻に使ってる医療用麻薬(フェンタニル)の影響。制吐剤も使用するけど効果なし。朝までずっとムカムカと。一旦硬麻を止めてみるけど、今度は痛みがでてきて再開。(フェンタニルは前回もそうだったけど、半日から1日経つと耐性ができて嘔気もおさまってくる。)

そして何より今回は息ができない。いつもは酸素は口渇が強くて、勝手に外したりしてたけど、外したらさらに息ができない。特に右側は吸いたいのに入ってかない感じ。傷の影響?うとうととしても、息のしにくさで目覚めるの繰り返し…。酸素の値(SpO2)は正常なのに呼吸困難感がずっと続いてた。

そのうち今度は悪寒がやってきて発熱。で、解熱剤使用して熱感に。自由に動けない時の寒い、暑いはかなり堪える。掛け物の調節も自分でできないし(>_<)

そんなたくさんの症状も重なって体全体が重い、だるさが半端ない。
顔はパンパンに浮腫んで、くっきり二重。

自分じゃどうにもならない体、一番堪えたな。

なんでこんなにしんどいの?なんか起こってる?と頭の中でぐるぐる。
発熱は術中のRFAの影響と思ってたけど、この半端ないだるさももしやRFAによって、肝臓の数値が跳ね上がってるから?と勝手に色々考える。


それでもちゃんと朝はやってきた!

仕事の前にみんながよってくれて、ほんとは着替えと歯磨きお願いしてた。
いつもレントゲンの前にシャツだけ着たいと希望してて、消外で働いてたみんながちゃちゃちゃって体拭いて、着替えさせてくれてたんだけど、今回は撃沈でそんな余裕なかった。首振りのジェスチャーと一言二言を話すのがやっと…。着替えなんてとんでもなかった。レントゲン、知り合いであろうがこんだけしんどかったら諦めもつく。
主治医にもひたすら目でしんどいと訴え続けたよ。

午前中から休みの先輩が一日中付き添ってくれてたけど、夜中と一緒で話す余裕もなく、うとうとしては息苦しさで目覚めるの繰り返し。それでも何にも言わずにずーとそばにいてくれた。話せない病人のそばにいるの苦痛だっただろうな。
時折、うがいや氷を食べるのを介助してくれて、担当看護師(仲良い先輩)と一緒に体拭いて、着替えさせてもらった。

ようやく午後からはちょっとマシになって、少し生きてる感じを取り戻した。
勝手にミノフィット(肝庇護剤)の効果?なんて思ってみたり…。だって打ってしばらくしたら楽になったんだもん!

少しだけ歩いて、体重測定。3kgプラス。そら目もパンパンだわ。サードスペースから水が体に戻ってきて尿としてでるにはもう少しかかりそう…。

心配してた血液検査は許容範囲内。むしろ前回に比べたら、よい感じ。肝臓の数値は上がってる(3桁のちょうど半分くらい)けど、前回と同じ程度。正常な肝臓ほど数値はあがりやすいらしい。貧血も出血は今回は500ml(前回は1000ml)で、術前にとった自己血も戻したし、たいしたことない。

そう、経過は順調だったんです。
こんなにしんどくても…。


そして、手術から時間が経つにつれ、記憶はどんどん曖昧になってく。しんどかった思いは残ってるのに、どうしんどかったのかは薄らいでく。
人間ってすごいよね。
こうしてまた頑張れるんだろうか…。

よく出産の痛みは今まで経験したことない痛みで半端ないって言われるけど、みんなまた出産してるもんね。
もちろん、出産は新たな命の誕生だから、比べるのは変だけど。

でも、痛みやしんどさはきっと時間が経てば記憶から薄らいでくんだろうな。楽しいこととすり変わって!
そのためにも、今を楽しまなきゃいけないんだ、きっと。






スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR