大阪マラソン2014②

今年も応援隊と一緒にさぁ、出陣(^-^)/

当日の大阪はすっきり晴れ渡り、ランナーにとっては暑くて、過酷な1日でした。

前日はちょっとナイーブで、ほんとに走りきれるか不安もあったけど、3万人のランナーそれぞれが感じるものなのかもしれないな。やっぱり42.195キロは長いっ!

それでもスタートラインにたったらやるっきゃない、楽しむしかない!

前半オーバーペース気味、気づきながらもこのままいけるとこまで押し切るしかないと、頑張ってみたけど甘かった。もちろん、オーバーペースも敗因だったけど、気温が高かったことが何より身体に堪えた。

全然、夢の御堂筋逆走!じゃない(~_~;)容赦なく照りつける日光に体力奪われる。「目線上に、体起こして」と思うけど、しんどすぎて下しか向けなかった。景色なんて楽しむ余裕なしヽ(´o`;

20キロ過ぎには、あと半分走りきれるのかと頭をよぎる。
一度歩いたら、次走りだすのにはさらなるエネルギーが必要だから、まだまだ歩くわけにいかないと言い聞かせながら…。
それでもとうとう25キロ過ぎくらいからは歩いてたんじゃないかな。歩いて、走っての繰り返し。

そしてようやく時々日陰もでてきて、気持ちも何とか持ち直す。
携帯とりだし、友達に電話して「もう無理~」と叫んでみたり、沿道で応援してくれる人とハイタッチ、給水やエイドで写真とったりしてみる。
ハイタッチはホントに力もらえるんだよね。見ず知らずの人が懸命に応援してくれて、差し入れやエアーサロンパスを準備してくれる人もいる。うちは凍ったみかんをいただきました。

今年も33キロ時点のエイドではごぼうにプチトマト、おにぎりにチョコ、キュウリにたこ焼きなど盛りだくさん並んでた。

そこ過ぎて、住之江公園近くでは、より一層声援も大きくて、少しは楽しく走れたかな。

最後に待ち受ける地獄の砦、南港大橋は歩かず渡れたけど、そこからゴールまでまたまた日陰なく撃沈でした。

なにわともあれ、ちゃんと完走。
栄光のゴールテープは笑ってきれたかな?






スポンサーサイト

大阪マラソン2014①

いよいよ明日は大阪マラソン。

記憶は薄らいでいくけど、当選がわかったのはおそらく手術前だったと思う。
走れる状態で明日を迎えられて、何より嬉しく思う。

過度の腹圧はヘルニアの危険性もなきにしもあらずだから、術直後は辞めといたらと言われて、それから先生の正式なGOサインはもらってない。
けど、やっぱり走っちゃいますよぉ。
たぶん大丈夫!(笑)

で、気持ちは試験前日のような、そわそわとなんとなく落ち着かず。

ちゃんと完走できるかなと不安もいっぱい。
足が痛いと湿布はりまくる弱気な自分。

だけど、一方では自己ベストで走りたいと思う自分も。
だって、だって、やっぱり努力は形として結果に現したいじゃん。
けっこう練習頑張ったよ。
体力低下も体重減少も続いてる。頑張って走っても、術前ほどのタイムじゃ走れない。
でもあわよくばと思ってしまう。
今までだって、周りの声援から力もらって、走るたび自己ベスト更新してきたし、今回もできるんじゃないかと信じたい。
初めから諦めるんじゃなくて挑戦したい。
ラン友から体重減少を指摘され、減量したほうが速くなるからと言われて悔しかった。悪気なく出た言葉だけど心ない言葉と思う。顔で笑って心では悲しかった。
だからちゃんと走りたいねん。

無難に安全に走るか、いけるとこまで挑戦するか、迷ってる…。
そんな迷いが不安をかりたてる。

どこまでも生真面目、器用じゃない。
そう、緊張やプレッシャーを力に変えて、割り切れるタイプじゃないんだよね。

さぁ、明日はどんな1日が待ってるのかな。

コブクロの42.195キロを聴きながら…。

「うまいこといかんことが仰山、毎日の様にあんねんけど、がむしゃらに走るだけで大概のことどうでも良くなんねん~♪」

「あちこちにガタがくるたびもう辞めてしまおうか迷ったけど、がむしゃらになれるものに次いつ出会えるかわからへんから~♪」

「しんどいんはみんな一緒、そんなときにもうつむいたらあかん。栄光のゴールテープは笑ってきるんやで~♪」

大丈夫!スタートしたらちゃんと楽しめてるよ、きっと。

大阪マラソンの合言葉は「みんなでかける虹」、去年は前日に雨上がりの後の虹をみて嬉しかったの覚えてる。
今年は虹見れなかったし、レインボーキウイ買ってみた!
カリウムとって、頑張るよ~。






頑張れと無理しないで

頑張ってる人にこれ以上「頑張れ」とは言えないってこと、あるよね。
働く中でも言葉かけには気を遣う。どう声をかけていいのか言葉につまることもあるし、
「よく頑張ってる」「十分頑張られた」と頑張りを評価する形で声をかけることもある。

だけど、これらは言葉の綾なのかもしれないなぁっと、ふと。
わかってくれてる人から言われたら、そんなには気にならないのかも。
そして「そんなに頑張らなくてもいいよ」と言われても、果たして受け入れられるのか…。これもまたちゃんと側で見て、頑張りをわかってくれてる人からの言葉であるから意味がある。

大切なのはその人との関係とどのタイミングで発せられるか、心があるかなのだと。


そして、「頑張れ」って言葉以外にも「無理しないで」って言葉も同じような気がする。

どちらもついつい安易に出やすい無難な言葉。
うちもよく使う言葉…。

だけど、無理してでも頑張らなきゃいけない時期があると思う。

病気とともに生活を送ることは、多少なりとも身体的にも精神的にも無理も頑張りもしてる。
犠牲にしなきゃいけないこともある。
みんなそうだと思う。

でも、ちゃんと頑張れる時にできることをやっておかないと後悔しそう。

今がその時かな。
手術をして、治療に向き合わなくてよい時間。
ご褒美なんだとも感じる。
長い猶予が与えられてるわけじゃない。
だからこそ、
今をしっかり生きなきゃと思う。

だけど、こんなに意識していても日が経つのは早いんだよね。


今、うちが頑張ることは病気と向き合うことでも治療に専念することでもない。
仕事も遊びも旅行もマラソンもできる時にできることやっとかないとね。
その時々でできること。

きっとそれが、できなくなった時に受け入れる一つの手段なんだと思う。
あんだけやったんだからもういいやん、ちゃんと頑張ってたやん、ずぅーと後ろ向いてたわけじゃないやんって自分に言い聞かせれる。

そしたら、また開き直れて、前向けるかも知れないし。



仙台弾丸旅行

手術前の弾丸鹿児島旅行に引き続き、同じメンバーで仙台へ。
5時出発、翌日は25時帰宅という弾丸ぷりの1泊2日!!
そしてpeachは往復¥7610だったのに、関空までの往復にそれ以上にかかるという結果(笑)

仙台といえば、牛タン!!
牛タン専門店がたくさんあるなか、利久と一隆に行って食べ比べ。
どちらも肉厚でかみごたえあり。で付け合わせはどこも共通なのか、キャベツの浅漬けとテールスープ。



伊達政宗ゆかりの地ということで、仙台城跡地、大崎八幡宮に。大崎八幡宮にはキュートな青いだるまさんがありました。両目がすでに入ってて、あとで調べると見開いた大きな目で四方八方を見守るという意味があるそう。買ってこればよかったぁと後悔。



日本三景の一つ松島にもちらっと。



秋保温泉では秋保大滝と磊々峡の自然に癒され、温泉にもゆっくりつかってまったりでした。
さいちという地元スーパーで売ってるおはぎがかなり有名で、1日に5000個、お彼岸には25000個も売れるらしくゲット。確かに甘さ控えめでおいしかった。



蔵王御釜は標高高いのもあって極寒。木々はいい感じで色づいてました。


濃厚な2日間でした!!

中村屋の海宝漬、ずんだ茶寮のずんだ餅をお土産に。海宝漬は上等だったけどめっちゃおいしかったぁ。ごはんがすすむ(^^) 、お正月にお取り寄せしよっかな~。

まだまだ余韻に浸る今日ですが、明日からはハードにお仕事です(^^;;




プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR