頑張れと無理しないで

頑張ってる人にこれ以上「頑張れ」とは言えないってこと、あるよね。
働く中でも言葉かけには気を遣う。どう声をかけていいのか言葉につまることもあるし、
「よく頑張ってる」「十分頑張られた」と頑張りを評価する形で声をかけることもある。

だけど、これらは言葉の綾なのかもしれないなぁっと、ふと。
わかってくれてる人から言われたら、そんなには気にならないのかも。
そして「そんなに頑張らなくてもいいよ」と言われても、果たして受け入れられるのか…。これもまたちゃんと側で見て、頑張りをわかってくれてる人からの言葉であるから意味がある。

大切なのはその人との関係とどのタイミングで発せられるか、心があるかなのだと。


そして、「頑張れ」って言葉以外にも「無理しないで」って言葉も同じような気がする。

どちらもついつい安易に出やすい無難な言葉。
うちもよく使う言葉…。

だけど、無理してでも頑張らなきゃいけない時期があると思う。

病気とともに生活を送ることは、多少なりとも身体的にも精神的にも無理も頑張りもしてる。
犠牲にしなきゃいけないこともある。
みんなそうだと思う。

でも、ちゃんと頑張れる時にできることをやっておかないと後悔しそう。

今がその時かな。
手術をして、治療に向き合わなくてよい時間。
ご褒美なんだとも感じる。
長い猶予が与えられてるわけじゃない。
だからこそ、
今をしっかり生きなきゃと思う。

だけど、こんなに意識していても日が経つのは早いんだよね。


今、うちが頑張ることは病気と向き合うことでも治療に専念することでもない。
仕事も遊びも旅行もマラソンもできる時にできることやっとかないとね。
その時々でできること。

きっとそれが、できなくなった時に受け入れる一つの手段なんだと思う。
あんだけやったんだからもういいやん、ちゃんと頑張ってたやん、ずぅーと後ろ向いてたわけじゃないやんって自分に言い聞かせれる。

そしたら、また開き直れて、前向けるかも知れないし。



スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR