二人暮らし?

縁があって?我が家に居候がやってきた。

男ならぬ犬。
9月生まれのミニチュアダックスフンド。

犬飼いたいなぁくらいは思ってたけど、まさかまさか現実にしちゃうとは。
しかも計画性もなく、突然、即決!

マンションはペットOKだけど、臭いや汚れるの、またご近所迷惑にならないか考えたら。。
このマンションだって、うちが居なくなったら売らなきゃいけないし、できるだけきれいに使って、お金かからないようにしなきゃと思ってるし、なかなか。。。

なのに、なぜなぜ⁉︎

夜勤明け、最近オープンしたイオンモールへ先輩たちとぷらりと。
ペットショップに立ち寄って、気がつけばご契約。
えええっ、そんな簡単にっ‼︎

ビビビッと惹かれるもんがあったわけでもないような…⁉︎

ミニチュアダックスフンドが特別好きだったわけでもなく…。

恐るべし夜勤明けのテンション。

旅行や入院、何かあれば、実家へと預けなきゃいけないため親に言うたら、「買ったらええやん」と意外にもあっさり。
よっぽどさみしい人だと思われてるな。

そんなこんなで、我が家に居候がきて、はや1週間。
翻弄されまくり、ペースみだされまくりの毎日です(^◇^;)





スポンサーサイト

神戸マラソン2014②

しんどかったり、悔しかったりもしたけど、楽しいこともいっぱい⁉︎

初マラソンが2年前の神戸マラソン。
走りやすさも愛に溢れてる感じも好き。
神戸以外は大阪、京都しか走ったことないけど、一番好きかも。

コースも単純、折り返し少なくて、三ノ宮からスタートして西へ西へ。明石大橋まで行ったら、戻ってきてポートアイランドでゴール。距離が掴みやすい。

神戸マラソンのテーマは「感謝と友情」
毎年、ランナーに向け神戸の小・中学生がハガキを書いてくれ、1人1人のエントリーした封筒に同封されている。

そして今年は震災から20年目の区切りの年。東日本の大震災や御岳山の噴火、災害から前へと未来へと進んでくという思いも強い。

エントリーのブースではみんなの寄付でマッチ棒で緑の防波堤を建てようというイベントもあった。



当日は一足早いルミナリエ楽しんで、スタートセレモニーでは2万人が黄色の手袋を着用して、復興のシンボル、元気なひまわりの花を咲かせるイベントもよかったぁ。

鉄人28号みて、明石大橋みて、港町神戸のポートタワーみて、何とかゴール。


今回もたくさんの声援に励まされ、力もらった。

神戸マラソン2014①

大阪マラソンで右膝を痛めて(しかも走っててじゃなく、写真のポーズをとって^^;)、それから5キロくらい走ると痛くなるという始末。
走るか走らまいかずっと悩んでた。
いや、悩んでるふりしてほんとは心の奥底では走ると決めていた。

レース1週間前になって、駆け込んだ接骨院では腸脛靭帯炎と言われ、おすすめできないと。距離を踏むと必ず痛くなるし、これが学生最後の大会とかなら注射うってとかもあるけど、趣味のマラソンでそこまでするもんじゃないし、走れば長引く。京都マラソンにも間に合わないかも知れないってさ。

先生の言ってることはごもっとも。だけど気持ちは変わらなかった。もしかしたら最後になるかも知れないし。走れないって言われたら余計に意地でも走るという気にさせられた。

そんなにマラソンにこだわらなくていいやんって頭ではわかってる、足痛めてまですることないって。けど、けど、自分から諦めるの嫌やなぁって。病気になって、諦めなくてはいけないもんあって、これからもきっとある。わかっていても悔しかったり、悲しかったりすると思う。
だから病気以外のことで自分から諦めるの嫌やなぁって。病気のせいに今はまだしたくないなぁって。

マラソンもいつ最後になるかわからない。来月の結果が悪ければ、これが最後になるかも知れないし、そしたら後悔するかも知れない。
どこまでできるかわからないけど、スタートラインにはたちたいって。

痛みがでないかもしれないし、アドレナリンでかき消されるかもしんない。何とかなるさっと。

そして、今回はお一人様で参戦。いつもの仲間が応援に行くよと言ってくれてたけど、一人で頑張ってみるのもよいかなぁって。

意外にお一人様でも平気。前々日のエントリーも色んなブースまわって、ちゃっかり楽んだ。

といいつつ、足が痛くて途中泣きながら電話してたけどぉ。。

予想以上に走れてて、このまま行けるかもと思ったけど、30キロ過ぎた給水で止まったのが最後、次走りだす時には激痛が…。それからはほとんど歩いて何とかゴール。

やっぱり悔しかったぁ。どこかに走れなくなる前に頑張った結果残したいって思ってる自分に気付かされる。
いつかは諦める勇気必要なんだろうな。


パーソナルスペース

パーソナルスペースって?
相手が自分に近づくことを許せる、自分の周囲の空間(心理的な縄張り)らしい。縄張りだからそこに他人が侵入してくると、不快感や嫌悪感を感じる。

実際には物理的な距離を言われることが多いけど、うちが感じるパーソナルスペースは心の距離かなぁ。。

こと、病気に関してはこのパーソナルスペースにすごく敏感!
基本、誰であっても病気のことに触れられるのは苦手。心配や気遣いの言葉ですら無意識に嫌悪感を抱き、心をシャットアウトする防御反応が起きる。

そう、だから必要以上に元気に見せたり、二人っきりや少人数にならないようにして、話がそっちに向かないようにしてる。

誰にでも弱音を吐けるほど強くはないし、何気ない一言を笑ってスルーできるほど大きくもない。

普段はまぁまぁ誰とでもうまいことやってけるし、そこそこ友達もいて楽しくやっててるけど、この部分ではとても深い闇を持ってると感じてしまう。何とも言えない孤独感。

そして、時々どっちの自分がほんとの自分なんだろうと。
笑って楽しく過ごす自分と闇の自分…。
どっちも自分なんだけどね。









遊んで、遊んで、また遊ぶ!

11月になって、暗くなるのが早くなり、だんだん寒くなってきて、さみしくなる季節…。
夏生まれだし、皮下脂肪がないから、めっきり冬には弱い(u_u)
本格的に冬になる前に、活動しとかなきゃ!っと、11月もまぁまぁハードに遊んでます。


夜勤明けのお休み、たまたま休みのあったメンバーで、高雄に紅葉見に。
高雄はまぁまぁ地元だけど、散策するのは初めて。
色づきは5分くらい?
神護寺ではかわら投げがあって、かわらを思い切り投げて厄除けするというもの。もちろん「病気よ、病気、飛んでけ~」と思って投げました。




そして、この時期、毎年恒例のユニバのハロウィンにも。若くないけど仕事より早起きして、朝一から頑張りました。
それでもハリポタのアトラクションは4時間待ちで断念。
パーク内にゾンビがあふれるホラーナイト楽しみました。



それから、しま友さんと初旅行にも行きました。
山中温泉にカニカニづくしの旅に。
鶴仙渓や那谷寺で紅葉見て、
病気や仕事、これからのことなどなど熱く?語って、ゆっくり湯に浸かり、
癒しの旅でした。











しまなみ海道

大阪マラソンよりちょっと前。

もともとサイクリングの趣味はないけど、一度は行ってみたかった、しまなみ海道(尾道~今治)。
自転車で尾道から6つの島を渡って、今治まで行くというもの。

台風の影響を受け、1日ずらしての出発だったけど、無事実現!

お尻が痛かったけど、かなり楽しい旅でした。

①尾道~向島
京都から尾道までは新幹線と在来線で。
尾道駅降りたらまずは腹ごしらえ、尾道ラーメン食べて、駅からすぐにあるレンタサイクル屋さんへ。
ママチャリから電動までいろんな種類の自転車があってびっくり。そんなかから自分に合うものをゲット。とりあえずタイヤの大きいの選んでみた。
今治返却の2日間で¥2000でした。
ここから向島までは自転車では渡れないため船に乗って渡ります。

今治まで75キロのサイクリングスタート!
天気もよくて気持ちよい。
チャリで渡るはじめての橋、因島大橋を渡ります。



②因島
因島に渡ってすぐ、はっさく屋のはっさく大福をゲットする予定が定休日。がっかりだったけど、他のお店でカフェオレ大福をゲット。はっさく大福は時期がもう少し先らしい。お昼は地元の小さなお好み焼き屋さんへ。広島県ってことで麺が入ってるのが普通。うどんと中華麺と一つずつ頼んで友達と半分こして食べた。みかんもくれたり気さくご夫婦でした。
で、この頃にはすでにお尻が痛くなってきてたので、100均でクッション買って敷くことに。全然様になってないけど、痛さには変えられずです。あちこちにみかんの木がありました。



③生口島
生口橋を渡って海沿いをしばらくサイクリング。景色もきれいで受ける風も心地よい。そしてまたまた食後のデザートに
ドルチェというジェラート屋さんへ。みかんやレモン、栗に伯方塩など産地のものを使ったジェラートがいっぱい。
この島はレモンが有名、そして島全体がアートになっていて、あっちこっちににオブジェが建っている。今日最後の橋、多々羅大橋を渡ればようやくお宿。夕陽を浴びなら橋を渡ります。



④大三島
富士見旅館という料理旅館に1泊して、翌日も快晴。進行方向とは逆に進み、大山祇神社によって、七夕に買ったちのわを納める。多々羅大橋たもとにある道の駅まで戻ってきて、みかんジュースゲット。昨日とはまた違う多々羅大橋をみて、気持ちよすぎて、恒例のジャンプ撮影して、つぎの橋、大三島橋に向かいす。



⑤伯方島
ここは伯方の塩で有名な島。道の駅で塩ソフト食べて、塩大福ゲット!それから、塩ラーメン求めて、道からそれてひた走る。「ラーメンさんわ」で塩ラーメン食べた後にはもちろんデザート、海の見えるカフェに入る。
またまた食べてばっかり。



⑥大島
最後の島は島の真ん中を突っ切るため、アップダウンが激しい!
おばちゃんにスイスイと抜かされたと思ったら電動自転車やん!!
今治にかかる最後の橋、来島海峡大橋の手前の道の駅でさっきゲットした塩大福を頬張る。疲れた体に塩っけと甘さが何とも言えない。おいし~。
で、ここで気がついたこと、ん?自転車返すのっていったい何時までだったかなと。1時間切ってるやんと初めて気づく。で、急いで出発し時間ジャストで目的地にたどり着く。そして2日間相棒だったチャリともお別れと思いきや、ここから今治駅行きのバスは1時間以上も後になり、今治市役所で返却することにして、結局あと10キロほどサイクリングの旅は続いたのでした。
ゴールの後は、ご当地B級グルメの焼き豚たまご飯食べて、京都まで特急と新幹線で帰るのでした。
ほんとは松山からピーチで¥2000だったけど、1日ずらしてキャンセルしたから、交通費は高くつく。






漕いでるか、食べてるかしかしてない旅だったけど、楽しかったぁ。





プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR