関電病院への受診は

年末の結果を受けて、関電病院に受診。

今日はまたポツポツわいてでてきたやつの治療法をどうしたらよいかの相談。

3ヶ月経過観察しようと思ってること伝えたら、先生からはki-67が高いこともあるから、ほんとは待たずにもう治療開始したほうがよいよ、というご意見でした。

ガーン( ̄ー ̄)
ショックでした。
目を背けてきただけで、そんな状態であると改めて突きつけられた感じ。
3ヶ月の猶予はやっぱり逃げてるだけなのかなっと。

そして異動願いは失敗だったのかな、3ヶ月このままでいいのかと躊躇しました。

でも、もう後にはひけません。

それに、異動してなければ、先生の言うように、すぐに治療を開始する気になれたのかというと、それも「~たら」はないのでわからない。

ほんの1ヶ月前、色々悩んだ中で、異動もマラソンも頑張りたいと思ったの、正直な気持ち。

もちろん、体のこと一番に優先しなきゃいけないと思うし、
この3ヶ月で何かがあれば、やっぱりあの時って思うかも知れない。
そして、周りもそんな事実を知ったら、治療を受けてほしかったと思うかも知れない(現時点では誰にも相談してないから、そうゆう人はいないけど…)。

でもね、そうなったらそうで、運命だったと受け止めるしかない。
そう決断したのは自分だから。

もともとは手術以外の治療はものすごく消極的。
今までの生活ができなくなることへの恐怖心は人一倍強く持ってる。できるだけ長く今の生活を送りたい。
自分には残すものはないから、何が何でもとの執着心はない。
しんどい思いはしたくない、無理なら早めに緩和ケアに移行したい。

長年、看護師をやってきた中で、培われた死生観?は「きれいさっぱり潔く!」。
ただね、人間はそう簡単に死ねないのも知ってる。しんどい思いはしたくないと思ってても、簡単には終わらせてくれない。
そして、今はそう思ってても、土壇場になったら生かしてほしいと思うかもしれない。人間は生に執着する生き物とも思うしね。

これからは病気も気持ちもどう進むかはわからない。ほんとに未知…。
だから、その時、その時で変わりゆく自分の気持ちに正直に、それを信じてやるしかない。


そうそう、先生のお話はこんな感じでした。
①SSTR(ー)でかつki-67が高い(高いと効きにくい)ことからサンドスタチンは適応になりにくい。
②TACEをするなら、全肝塞栓することになるので、一時的な肝機能低下でしばらくはまあまあしんどい。右、左に分けて施行しても可。
③現状使用できる薬は分子標的薬、m-TOR(ー)を考えるとスーテントか。
④ザノサー(ストレプトゾシン)が使用できるようになるのは2月末くらい?
⑤何をするかも大切だけど、まずは何かをはじめてみて、評価しながら治療法を考えていくことが大切。

先生はまぁまぁ頑ななうちの気持ちを分かってくれた上で、諭すような感じ…。現実を直面させられたことと、そんな優しい先生にちょっとウルって。まさか、まさかそんななるとは思ってなくて、自分でもびっくり。
近くて長い付き合いとなった主治医にはみせることはない自分だったから。

で、で、結局は、
4月にMRIを再検して、再び関電に受診することにした。














スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR