NETのお勉強

お勉強会から、あっという間に日が経ってゆく。
勉強した内容をまとめようと思いながら、なかなか^^;
時間が経てば、書いたメモの意味も⁈となっていく…。
なので、ざっと羅列。

☆ここでもやっぱりゲノム
ガン抑制遺伝子、PHLDA3の発見。
LDH+またはメチル化によってAKT活性化し、NETへ。PHLDA3はAKTを抑制する。

KrasはNECでは+?
などなど。

NETのゲノム解析についてもチームで研究されていくような話だったような…。


☆68GaPETCT
分化度で集積、相関関係はない。
現状、ソマトスタチン受容体がある場合の転移の有無、ソマトスタチンの効き具合、PRRTの適応ツールとしての検査。


☆NET肝転移の外科的治療
肝転移はびまん性に起こりやすく、切除しても再発率は高頻度。
集学的治療と合わせて、外科的治療をどうしていくかというお話。
薬物療法で小さくなった腫瘍を、ドラッグフリーをつくるという意味での外科的治療のあり方、画像検査では映らない転移の存在も加味して、結果90%が切除が得られるなら適応に。
切除後のアジュバントケモはエビデンスはなく、コスト面やQOLを考えてしないことも多いが、しないと再発してくるという矛盾も。アジュバントケモの研究は未。

☆NET肝転移の薬物療法
ざっくり分ければ、
腫瘍量少なく、スピード遅い→ホルモン剤
腫瘍量多く、スピード早い→抗がん剤
それ以外→分子標的薬

それぞれの治療不応となれば多種類の薬剤を考慮。

ストレプトゾシンの効果はこれから期待。
・2/23~使用可能
・27.7%の奏効率
・Dailly投与またはWeekly投与?
・単独投与または他剤(5FU、DOX)と併用投与?

☆NECの治療
シスプラチン+エトポシド
または
シスプラチン+イリノテカン

肺小細胞癌に準ずる治療、だけど、肺癌ほどの効果は得られていない。

両者の標準療法の研究も。

NETG3の存在。ki67は高いけど高分化。NECの治療よりNETの治療。

☆腫瘍マーカー
クロモグラニンAは承認未。NSEを腫瘍マーカーとして判断することも。


ざっとこんな感じかな⁈




スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR