昇進話とアウェイ感

4月は異動の季節。
この時期は師長や副師長への昇進や異動の噂があちこちで。

いつもつるんでる仲いい先輩達も新たな部署で働くことになったり、昇進したりでみんな副師長。
そして、数少ない同期もほぼ副師長へと昇進。
気がつけば、周りはできる人達ばかりだった。
うち自身はもともとそんな器ではない。
だけど、やっぱり取り残された気持ちが全くないわけじゃない。
これから先もみんなとは同じ土俵にはたてないんだという事実だけが悲しい。
目指してたわけでも、なりたいわけでもない。
勉強も好きじゃないし、リーダーシップを発揮して取りまとめるタイプじゃない。
自分の感性の赴くまま看護しているほうが自分らしいと思う。
でも、みんなとの間には見えない一線がある。
その一線を感じることが悲しい。


消化器内科で働いてた頃、十数年、手術やTACE、RFA、抗がん剤、放射線と様々な治療をしながら仕事を両立している患者さんがおられた。その患者さんが初めて癌だとわかったのが40歳くらいだったと思う。
そして、その患者さんが話されたこと、
「会社でもどんどん立場は追いやられていきますよ。窓際族です。いつ入院するかわからないし、任せてもらえる仕事も減ってきますしね。上に立つ者も自分より明らかに下です。それでも養わなわなければいけない。働かせてもらってるだけありがたいし、感謝してます」
と。

とても深く重い言葉でした。
患者さんは男性で、発症した時には子供さんもまだ小さかった。
働きざかりで家族を養っていかなきゃいけない年齢での癌とのお付き合い、うちよりももっともっと、悔しい思い、悲しい思い、様々な葛藤をされていたんだと思います。

私達は時にギアチェンジの必要な患者さんに「これからは病気とうまく付き合っていけるように」と声をかけることがある。
そんな簡単なことじゃないと、今は感じます。
気持ちに折り合いをつけながらやっていくって、ほんまに難しい。

今日は午前中はCT検査、夕方から仕事。
昨日、主治医からは勝負はMRI、CTは大丈夫って気持ちで受けてこいとメールもらいました。なんだか少し心が軽くなりました。

検査が終わって、鴨川沿いを歩いて帰り道、桜の開花はもう少し。
暖かな日差しの中を少し歩いただけでも、現実の世界から離れられて、卑屈になった心も少し洗われる気がしました。






スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR