涙の質

久しぶりに涙が流れた。
まだちゃんと流せる涙があったんだっ。

CT→2カ所くらい、それらしきものを確認できる程度。

MRI→軽度に増大

そんな結果を受け、消化器外科と消化器内科に受診。
すでにそれぞれの先生同士で話はされていて、
「そろそろ治療開始しようか」ってことだった。

もちろん、そんな答えが返ってくることは覚悟してた。

予想通りの言葉。
だけど、いざ突きつけられたら、一気に逃げ場がなくなった。

もうちょっと待つという選択肢はないのかって悪あがきしてみたり、嫌だ、嫌だと駄々こねてみたり…。

先生もうちのそんな行動はお見通し。どうしても拒否した時用に3ヶ月後のMRIの予約とってくれてた。

本気でそうしようとは思ってないけど、そんな心遣いが嬉しかった。

帰り道の電車の中で、ホロリとつたう涙。

帰ってから、元祖主治医にも報告。元祖主治医は今の主治医の上についてくれてた先生。今は遠く離れた病院で働いてるけど、入院する時にはいつも顔をだしてくれる。治療始めてみましょうって。語尾にはちゃんと支えるから!やってみよ!って言葉がついてそうな気になった。そんな優しい言葉かけられたらうんっていいそうになるやん。そして、うだうだなうちにどの道選ぼうと応援するからと。

で、やっぱり寝る前にもほろほろと…。

久しぶりに自分の病気で涙が流れた。
悔しい涙や悲しい涙ではなく、
優しさに触れたから流れでた涙。

次の段階へと病気は一歩進んだ。
でも、意外にちゃんと日常こなしてる。
仕事だって、ごはんだって、睡眠だって、大丈夫。
さすがに長い付き合い免疫もついてるわ。

そして少し時間が経って、冷静に考えないといけないことも色々見えてきた。

治療はまだ決めかねてるけど、決断するのは自分。



スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR