こんなもん(MRI結果)。

ザノサー3クールが終わって、効果判定のためのMRIを受けてきた。

いつものスタンスながら、あかんかった時のことを考えて覚悟して…。

そうすることが自分に与える衝撃を小さくすると知っているから。
いつしか習得した防御反応なんだと思う。

あまり期待はせずに結果は5分5分かなぁって…。


そう、どこかで看護師である自分は優等生な患者を演じて、じたばたしない、どーんと構えてぶれないことが自分の美学になっている。
いいのか、悪いのか…。
弱音を吐かないのか、吐けないのか、わからないけど、そんな美学が自分の支えになっているのも確かなような。。


で、結果は…。

こんな風に思っててもやっぱり聞くのは怖くて、ドキドキ。
自分でカルテを開く勇気がなく、とゆうか、そこまで待てず、センセから電話をもらう形で結果を聞いた。

「ちょっと小さくなった?大きくは変わらない」というもの。
放射線科のセンセの見解はまだだけど、主治医がざっと見た感じの見解。
術後変化で評価は難しいらしいけど、明らかなPD(進行)ではなさそうとのこと。

最悪の結果も覚悟してたわけで、それに比べたら、全然よかったと思う。だけど、やっぱり複雑。

6月から頑張った結果がこれ。やつは全体として小さくもならず、変わらずあちらこちらに存在を示す。

もちろん、治療をしたから大きくなるのを抑えられてるんだとも捉えられる。

頑張った分だけ、結果として現れないのが、病気の難しいとこ。

これからはちょっとよくなったり、変わらなかったり、そして悪くなったり…。
消えてなくなるってことはないだろうし、その繰り返しなんだろうなぁ。
ロングサバイバーを目指すって、こうゆうことなんやろうなぁって。
ほんまにやつとの付き合い方は難しい。


こんな風に書いてるけど、落ち込んではない。
「こんなもんなん、こんなもん。」って思ってる。

次の選択、
今の時点ではもう少しザノサー続けようと思ってる。
もちろん、放射線科のセンセの見解を受け、主治医や関電病院で相談してからだけど…。

アフィニトールやスーテントに変えたら、もしかしたらもう少し効くのかもしれない。
でも、やっぱり仕事の見通しがたてにくくなる。どれだけ休んだらちゃんと働けるのか、夜勤ができるのかがわからない。そしてどれだけの自由の時間が得られるのかも。
そう考えるとリスクの方が大きすぎるかなぁ。
それなら、今のとこ、副作用もそれなりで、採血データー的には問題なく経過してるザノサーであと3クール頑張って、間はそれなりの自分の時間を過ごせるほうがよいかなぁって。

スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR