取材の余波

取材を受けた記事はマラソン当日の朝刊に載り、ちらっと見て5:30には出発。

やっぱり新聞の力はすごかった!
スタートラインに立つ前にすでに何人かからメールをもらった。

そのうちの一人は看護学校の時からの親友。看護師として就職したてのしんどい時を一緒に過ごした仲間。熱い気持ちと優しい心を持った彼女にずっと刺激を受けてた。今は仕事を辞めて3人の子育てしてるのもあって、会っても年1回くらいと互いの誕生日にメッセージを送るくらい。だから最近の病気のことは伝えてなかった。
記事を見て、いてもたってもいられなくなり、用事があるにもかかわらず、ゴールまで駆けつけてくれた。結局会えなかったけど、変わらない絆を感じて嬉しかった。

また一人は肝転移をする前のリンパ節転移をした時にSNSを通じて知りあった人。悪性腫瘍と初めて認識しそれなりのショックを受けていた。今と同じで周りとの差に孤独を感じ、同じ思いをしてる人に出会いたくて、コミュニティーを通してメッセージを送ったのが始まりだった。あれから5~6年、時々互いの近況をメールするくらいだけど、励みになってた。リアルに会ったことはないけど、すぐにわかったみたい。


記事はこんなふうにプラスに影響をするものもあれば、一方ですぐには素直に受け止められないものも正直あったりもした。

翌日から入院した病棟や同僚のグループラインで話題になってたり…。
ただみんな頑張ってる姿を喜んで応援してくれてるだけなのに、「胸を張って堂々と生きていけるほどほんとはまだ強くない」と思ったりなんかして、なんだか落ち込んだ。

そして、取材を受けたことを言ってなかった親の耳に入るのもあっという間だった。入院した昼(記事翌日)には電話がかかってきて、一言目から「あんた~」って。
何にも言わなかったうちも悪かったけどほんまに怖かった!
実家の近所では新聞持って、色んな人に言ってまわる人もいたりで、母としては悲しかったみたい。
それでも「あんたがいいと思ってしたことならそれでいい」って、それ以上は何も言わなかった。
「家に帰りにくくなったかなぁ」って言ったら、「そんなん気にせんといつでも帰ってきたらいい」って言ってくれて、やっぱり母は強いなぁって。

近所じゃなくても、職場でも「こんなん大丈夫なん?」って新聞を見せてる人がいたという話も聞いたり…。

まぁ、そんなんに傷つくわけではなく、かえってちょっと腹が立ったりして開き直れた。


影響はほんとに様々。


同じような境遇におかれた人達にチカラを与えることもきっとできたはず。

うちを知ってる人の中には、喜んでくれる人もエールを送ってくれる人も頑張ってると認めてくれる人もいた。

そして、2人に1人がガンになる時代であっても、やっぱりまだまだオープンにして生きていきやすい社会じゃないんだと感じたのも本音。
別に面白おかしくというわけじゃないだろうけど、噂話をする人もいて、なった人にしかわからない苦悩があるとも思った。
まだまだガンってレッテルは仕事や子育てなどとの両立をしにくくさせてる社会なんだと。


こんだけ時間が経ってようやくふっきれて、取材を受けて記事になったこと良かったと思える。
やつと向き合い、改めて考える時間になったし、色んな影響を肌で感じることもできた。
これで何かが変わるのかはわからない。でも、やっぱり何か変えたいとも思う。微力ながら、自分のできること探したいって思った。

実はあの朝、新聞ちらっとと見て以来、ずっと見れなかった。こっぱずかしいのもあるけど、色んなこと直視することができなくて。
そろそろ、ちゃんと見てみようかな。
スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR