爆買い、爆食べ

いつものことながら、退院後数日は冬眠。
その時に食べ物や飲み物がなくなることに不安を覚え、入院前から爆買いに走る。
何が食べれるかわからないし、食べれるものをしっかり食べないとと思って、普段は買わない冷凍食品やインスタント食品も色々買いだめ。

で、実際は味覚障害はあるものの、食欲はありすぎて、常に口に何かを運んでいる。お腹はいっぱいでリバースしそうになりならがら、食べ続けてる。
買いだめしてるのに、スーパーまで行き、また食べれないくらい買い込むという始末。

これって、一種の不安神経症にも摂食障害にも思えてしまう。決して食べたいわけじゃないのに食べるのをやめられない。
自己コントロールができない( ̄◇ ̄;)

そんなわけで、
治療開始した6ヶ月前よりも体重は+5キロ。もともとは細身体系、だから体重増えても誰も何も言わず容認。
気をつけるのは自分しかないのね~。

明日から仕事復帰。体が重い。今よりはましな生活になるかな~。
スポンサーサイト

ザノサー中、マロンの散歩

ザノサー4日目終了し、またまた外泊決行!

さすがに週の後半にさしかかり、少々堪えてきたかな。
点滴も持たず差し替えし、味覚障害、便秘、倦怠感など…。今回は利尿剤のおかげで、むくみや浮遊感はましです。

外泊で帰るのも、病院にいるのもどちらもそれなり疲れる。
それでも家で過ごすほうがゆっくりできるかなぁと、ちゃっちゃっと帰ってきました。

不眠は相変わらずで、早朝から起床。
またまたマロンに会いに行ってきたー(≧∇≦)

一昨日の雪は全て溶け、今日はきれいな朝日が見えました。







多少しんどくても、それに固執せず、気持ちを他に持っていくことも大切かなぁっと。
こないだほどの元気はなかったけど、少し体を動かして、澄んだ空気を吸って、朝日を見たら、今日も頑張れる気になりました。

ラスト1日デス。

しまともさんが、空を見たら無限大に広がってるよって。
ほんとほんと。


ザノサー中、マロンと雪遊び

ザノサー2日目終了後に外泊。
朝起きると、京都でも初雪(≧∇≦)
早朝わざわざ実家に帰って、マロンと散歩。
寒さの中、元気に走ってました~。
楽しそうにしてるマロン見てると癒されるぅ。







で、戯れすぎて、気付いたら手袋1つない( ̄▽ ̄)



ザノサーはと言えば、眠れないとか、ムカムカや便秘もあるけど、こうして楽しいことしてると紛れるし、ご飯も食べてるし、こんなもんかな。

しかし、寒かったー。
札幌雪まつり大丈夫かぁー。
ヒートテック、極暖、セーター、フリース2枚にダウン2枚とか?
着ぐるみだるまやな。


はい。病院戻って3日目頑張ります( ̄◇ ̄;)
ってか、2時過ぎには目覚めてしまって、マロンとたくさん遊んだし、もう1日が終了したくらいの気分なんだけど(^^;;

ザノサー6クール目(2016.1.18~)

今日から6クール目開始しましたぁ~。
今回は点滴とともにこれもお供です。



心電図モニター。
以前から気になる徐脈の観察です。
なかなか入りづらくなった点滴も今日は1回でクリア。
ザノサー中は前よりも血管痛が。。繰り返す治療で血管もくたびれてきています( ̄◇ ̄;)
そしてすでになんだかムカムカっと。
気持ちの問題ですね。

これを乗り越えれば、札幌雪まつり~!!!
今日は東京では未明から大雪とか。京都は初雪はまだです。

菜の花畑

大津のなぎさ公園、菜の花が満開でしたぁ。
一面の黄色と澄んだ空。
癒されますね。



その後はアウトレットでお買い物。
菜の花?色のコートをゲット。



その他はほぼ友達の。爆買い(≧∇≦)


早く春が来ないかなぁ。

神経内分泌腫瘍の認知度

昨日から始まった『フラジャイル』、病理医のドラマの中で、肺小細胞癌の鑑別診断として神経内分泌腫瘍が挙げられてた。
ただ、発音の区切るとこが違ってた( ̄◇ ̄;)「神経_内分泌腫瘍」ではなく、「神経内_分泌腫瘍」。
まだまだな認知度?

竹田圭吾さんの訃報

ジャーナリスト竹田圭吾さんが亡くなられたことを知りました。

誰かの訃報が取り上げられる度、自分の死についてもそう遠い未来ではないように感じ、取り上げられる方の生き方(生き様)を知って、自分はちゃんと生きれてるのかなぁと立ち止まって考えます。
いいのか、悪いのか…。

竹田さんはがんや抗がん剤治療による脱毛を公表しながら最後の最後まで仕事にこだわり、ジャーナリスト魂を貫かれたと取り上げられてます。

そして、自身のツイッターで、
「がんが見つかったら生き方の中で何を優先しようかな、と検診の段階から思い浮かべていくのが大事ではないかと、自分の体験からは思います」と気丈につづりながらも「どれだけ治療が順調で、家族に寄り添われて、友人や仕事仲間から励まされても、孤独からは絶対に逃れられない」とも記されていたそうです。

とても深い言葉です。

自分自身と向き合い、前向きに懸命に生きてこられたからこそ孤独もあったのかなっと感じられました。
進行する病状を受け止め、衰えていく身体を受け入れるのはやっぱり容易ではないと思います。

どちらもすごく共感できる言葉です。

抗がん剤治療を開始して半年、いつまで仕事を続けられるのかとよぎります。
がんや抗がん剤治療を公表することで周りの協力は得られやすくなる一方、体力低下や容姿(脱毛や激痩せ)が周りに与える影響も大きいと思います。
現に竹田さんも仕事復帰時の激痩せが噂になっていたという話も。
そんな中で働き続けることを貫くことはすごくエネルギーがいったのではないかと思います。たくさんの葛藤と覚悟の中での決断だったんだと思います。 だからこそ周りの過度の心配や様々な詮索は本人を傷つけるのではないかとも感じます。本人が誰よりも一番わかっていたと思うから…。

今は幸い見て取れるほどの体力低下や容姿にわかる副作用はありません。仕事上、そうなれば働き続けることは難しいなぁと感じます。それまでどれだけの期間があるのかはわかりません。そしてその時が来れば、やっぱり悔しい思いをするんだろうなぁと思います。

だから、とりあえず今を一生懸命に生きなきゃいけないんだと。

無病息災

無病息災とはいかないけど、
七草粥食べたぁー!!
七草セットを買って、お餅をいれて、白味噌もちょこっと隠し味に。



2016年の始まりは

新年明けましたね。
年末もバタバタしていたし、全く年が明けた感じがしません(^^;;

今年も年明けは病院でした!
毎年のことながら…。
変わらず迎えられたことが一番ですね。

仕事終わりに初詣に行く予定だったけど、予想外にバタバタで終わらず断念。
3時半くらいに帰りつくと、すでに新聞が届いてました。

元旦の新聞を読みながら、年越しソバを食べるという変な時間をマロンとともに過ごし…。


そして朝方に寝たにも関わらず、2時間くらいでマロンに起こされ、やや不機嫌な始まり…。



で、お昼すぎにようやくお雑煮を作って、お節を食べました。


さてさて
今年はどんな1年になるんだろ~。

活動中のやつのため、1年後の自分は全く想像できません。
せいぜい想像できても3~4ヶ月くらいかなぁ。
3クールして評価して、ようやく次の見通しが見えてくる。
だから、3クール頑張ったら、自分へのご褒美のため、6週を少し延ばしてから次の治療に入ろうと考えてます。
きっちり6週でしたからといっても治るものではないし、それなら少々融通きかせて、その間に旅行に行ったり、美味しいもの食べて過ごそうとかなぁっと。
次のクールが終わったら評価です。
さっぽろ雪まつりに行ったり、横浜旅行を考えてます。その次は3クール終わる頃は夏休みかな。
もちろん評価の結果がよければのことですが…。

そんな綱渡りの1年?
多くは望まないけど、去年くらいでいきたいものです。
そして、色んなご縁を大切にしていければなぁと。

皆さん、今年もよろしくお願いします。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR