ふるさと納税でマラソン!?

ふるさと納税、周りでもちょくちょくやってる人がいて、産地の美味しいものをゲットできるイメージ。

うちも今年初めてふるさと納税やってみたー!
で、ゲットしたものは京都マラソンの出場権。
手元に残るものは何もない( ̄◇ ̄;)
しかも、まぁまぁお高い寄付金で、何やってんだかなーって。
マラソンにとりつかれてる!?

ちょうど4年前、多発肝転移がわかって、手術を目前に走ったのが京都マラソン。あの時はマラソン頑張れたら、手術も他のこともみんなうまくいくんじゃないかって願かけしてた。新しい光が見えるんじゃないかって。

あれから丸3年、やつは手ごわくて、そう簡単じゃないことも思い知らされ、あの時と同じ気持ちでは挑めない。
けど、それでも毎年挑戦できている。だからやっぱり今回も前を向くために走ろうと思います。


前みたいにマラソン走るって周りに無邪気に言えなくなった。
うちにしかわからない孤独があったり、自ら周りとの壁高くする自分もいます。子育てする友達、バリバリ仕事する友達との差、やっぱり感じずにはいられない。
そしてこんな状態でマラソンにこだわる自分もどうかと思ったり…。

昨日、母からは「日曜は仕事なん?あんた京都マラソン走ろうとは思ってないやろな」と怖い電話がかかってきた。
あまりに怖すぎてひるみました。そして昨日の夜はすでにマラソンを終えてる夢をみた。

抗がん剤治療をはじめて、再チャレンジのフルマラソン。
完走できる自信なんて全然ないです。治療しながらの練習はやっぱり難しくて、足も痛めたり、今日になって鼻水やら頭痛がしたりと不安要素しかない( ̄◇ ̄;)
でも、目の前に払った寄付金ちらつかせ、やるだけのことやりました。
きっと走りきれると信じてます。

走るのは他の誰でもなく、もちろん自分のため。
だけど、これを読んだ人が少しでも元気になったり、勇気や希望持てることができたなら、嬉しいなぁとは思います。

大好きなフルーツ食べて、風邪薬やら鎮痛剤やら眠剤やら服用して温かくして寝ます。


スポンサーサイト

月めくり(MRI結果)

ザノサー6クールが終了し、MRIで評価でした。

結果は現状維持ということでしょうか。
少し目立たなくなってきてるらしいけど、消えてなくなることはなく、新たに大きくなってるものもない。

まだザノサーで粘れるという安堵感7割と頑張ってもこの程度かという思い3割って感じかな。

粘れてるから言えることだけど、制約される生活が見えない先まで続いてく。あとこれだけしたらというのはない。体が疲れてくるか、やつが成長するまで続くんだなって。
仕事と治療にプライベート、バランスとりながら、生活が送れてること、上出来と思いながらも、これより上にはいけないやつとのお付き合い…。
体力的にも精神的にも続けるのは大変ですね。

ともあれ、少しあけて、引き続き3クール契約してきました。

はい、なので、治療をしながらですが4.5ヶ月間の猶予をゲットです。
楽しい予定考えないとやってられない( ̄Д ̄)ノ


ザノサーを開始してからはいつもそうだけどカレンダーとにらめっこ。
いつが治療で、次はここからで、その次は…、だから~という感じです。
制約される生活の中でなんどとなくスマホのカレンダーをめくり、めくり、4.5ヶ月先を見通す。

主治医は治療開始、検査や受診はすべて任せてくれてます。仕事や遊びで少々ずれても「はい、はい」ってね。
長い付き合い、何も言わなくてもわかってくれてる感覚、すごく楽チンです。それもあるからこの生活続けられてる。感謝です。

昨日はボスと面談がありました。頑張らさせてすぎてないか、夜勤しんどくないかなど気遣ってもらいました。ここでも守られてる。
で、うちは厚かましく、病欠以外は他のみんなと同じように働いてできるだけ引け目を感じたくないこと、みんなが許容できる範囲内での休みが欲しいことお願いしました。

旦那や子供がいるわけでないので、やっぱり楽しみは旅行かなー。
行きたいとこもいっぱいあって、あっちもこっちもは無理だけど、みんなに反感かわない程度には息抜きしたいなぁって。

とりあえず、山形でのさくらんぼマラソンに出ようかなーっと。
そして、3クール終わったらちょうど夏休み。今年も海外行けるかなー。去年行けなかったスイスに少し惹かれてます。

芝桜と富士山見てみたかったり、浜名湖一周サイクリングとかしたいけど、全部は無理なんで少しずつ…。

今日は関電デーです。
その前にしま友さんと大阪城散策とランチ。










幻の…。

10月から楽しみにしていた雪まつり、残念ながら直前にキャンセルし行けませんでした。

昨年、脳出血で倒れた父の容態が悪化、2/6に見送りました。
倒れてからは、リハビリ転院を繰り返し、要介護5で特養が決まった矢先に消化管出血を起こして、それが要因に。

食べれなくなってからの状態悪化は早かったです。
やっぱり、口から食べることは「生きる」に直結してると実感させられました。


ギリギリまで雪まつりと悩みました。ふつーなら父に付き添うためにもっと早くにキャンセルを決断するものだと思いながらも、また来年!ってあっさりと引き下がれなかった。
1年先の自分がどうなってるか想像できない中、治療で協力してもらいながらの休みの確保、3クール頑張った自分へのご褒美、そんな思いも捨てきれずにいたからです。

そして、自由奔放に生きてきた父は母にも子どもにもたくさん苦労をかけ、家族にしかわからない思いもあったから…。

それでも父は父であり、ギリギリでやめる決断をし、当日は仕事で最期を看取れなかったけど、ちゃんと見送れてよかったです。

68歳という年齢を考えるとちょっと早い死だったかもしれませんが、父自身も食べれない、動けない状態でベッド上で過ごす毎日を考えると、そして、自分がこれからどうなるかわからない中、父の介護を母だけに任せることや親より先に旅立つことなど考えると、苦しまずに旅立つことができてよかったと思います。
こんなに冷静に受け止めてしまうのは職業柄もあると思いますが、やっぱり冷酷な娘なのかも知れません。

父の葬儀は家族葬で行い、そのお寺に永代供養することになりました。
そして、自分の時にはどうしようかと考えさせられました。
決して諦めてるわけではないけれど、自分のことは自分で決めていくことも大切だと思っています。
どこまで治療をするのか、どこで最期を迎えるのか、そして亡くなった後のこと、考える時間は与えられてるのだから、いずれは向き合っていかなきゃいけないことなんです。

しまともさんからの写真、かえるさん気に入りました。




冬の小樽もきれいです。


そして食欲おさまらず、いただいたお菓子食べまくりです(^^;;

また落ち着いたら、楽しい計画たーてよ。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR