W入院(ザノサー10クール目、2016.8.22~)

予定通り、昨日からザノサー10クール目のため入院しました。
今回の変更点は尿量がしっかり確保でき、退院時には入院時より体重が減ってしまうことが続いたので、利尿剤を1錠→0.5錠にしてみました。
それにしても回数を重ねる毎に食欲低下と倦怠感、眠気が早くやってくる…。
で、タイトル通り、23日からは母も入院します。
アメーバ限定記事で何回か記載しましたが、母は膵臓癌で、そしてもうそんなには長くはない…。
診断がついたのは今年の5月で、6/16からアブラキサン+GEMの抗がん剤を開始したけど、すでに抗がん剤を継続できるかという状況です。
膵NETと膵臓癌、厳しさが格段に違います。
診断されて4ヶ月足らず。しんどくなるばっかりで自由な時間を奪われてくのは、母にとって苦痛でしかない。そしてそれを見ている家族にとっても…。
母の意思を尊重しながら、どうすべきがよいかを考えてるけど、答えを出すのはほんとに難しい。
たくさんの膵臓癌の患者さんを看取り、そんな経験が生かされるはずなのに、いざ家族となるとそこに両者の感情が入り、なかなかです。
ようやく患者さん、家族の苦痛をほんとの意味で分かったのかもしれません。
母は今は食事が入らず、抗がん剤が終了して時間が経っても時々嘔吐。体力低下が著しい。
そのためCVポート留置、在宅往診医や訪問看護の調整、介護認定、緩和ケア病棟の面談のためと、母の体調と希望で抗がん剤を投与するかです。
8月末にはMRIで評価もします。
抗がん剤投与の有無によらず、今の状況では、自宅で点滴を少ししてあげるほうが楽ではないかと判断したからです。
母は病院が嫌いで、入院はもっとです。
なので、過ごせる間は自宅で過ごさせたいと思い、とりあえずはそのための入院です。
最期をどこで迎えるかを決めれてるわけじゃないけど、自宅でとなった場合でも対応できる往診医を考えていただき、また緩和病棟となってもすぐに対応できるように準備です。
覚悟はしていても、現に母がこの世から居なくなること、その後どう生きていくのかは想像できません。
ほんとは悲しすぎる…。なんだか死にむけて準備しているようで。看護師の自分がそうさせている。
でも悲しんでても、無情にも時も過ぎてき、病状も悪化していきます。厳しい先を知ってるから余計に…。
限りある時間の中で、看護師の自分が娘として、できるだけしんどくないように、母にしてあげれることをいっぱい考えて、後悔しないよう向き合っていかないと思っています。
一旦はうちのほうが早くに逝くとお互いに覚悟してたし、こんなふうに変わって、母をちゃんと…がうちの使命なような気がします。
それで、やっぱり問題になるのは仕事!
どう仕事していくか。今年度になってからずっと抱える問題で、かなりのストレス。
これについてはさらに長く熱くなるので、また後日、近々。
とりあえず、自分の治療、母の看護と調整頑張ります。
結局、この病欠期間中が一番動ける時間だから、あれもこれも盛りだくさん。
ほんまにできるのか…。
体力と気力だけが頼りです。
スポンサーサイト

そういえば、関電。

久々の投稿^^;
何かとバタバタ、やる気にもなれず、時間だけが過ぎていく…。
2週間前くらいに関電に行ってきた。
ザノサー9クール後の評価とこれからについて…。
ザノサーは効果あり、今は6~8週間隔でしてるけど、これ以上間隔あけても良いかどうか。
結果は関電でも8週以上はあけてないってことでした。
画像上消えてなくなった場合(CR)には一旦止めて様子見る人もいるけど、多くの場合またやつは現れるらしい。
最長で2年くらいあけれた人はいるらしい。
2年は大きいよな~。
手術でも再発までの期間は初めての時でも3年はあかなかった。
ってか、最長で2年、しかもCRまでたどりつけるかもどうかわからないけど…。
てなわけで、明日からザノサー10クール目突入。
まだまだ他に問題はたくさん( ̄◇ ̄;)
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR