神戸マラソン2016

いつになくこまめなブログの更新。
ザノサー中の不眠によるもの(笑)

日頃は色々感じたり考えたりしても、時間がなくてブログまでたどり着けずに断念( ̄◇ ̄;)
リアルタイムのその時のこと書きたいけど、仕方なし。


今回は久々マラソンに登場。今年の3月、NETで知りあった方と横浜マラソン走ったのが最後かな。

この数カ月からの日常を考えると、かなり、とんでもなく無謀な挑戦。

もちろんエントリー時には母の病気のことわかってたし、その時どういう状態になってるかわからないから悩んだ。
でも、先がよめないからって、その時点で諦めることないかなーって、ポチポチと完了。


いやいやさすがに母の状態は待ってくれない。
それにいいわけかも知れないけど、自分の治療に仕事で練習の時間がとれない、気持ちがついてかないとなかなか足踏み状態。

母はもともとマラソンは大反対!こんな体で、さらに負担をかけることはないってね。
今までも黙って走ったりもしたけど、今回は断固ばれてはならず…。
なので、練習にいくのもハラハラドキドキ。
練習も5キロを何回か…。前みたいに10キロコンスタントなんて無理でした。


最近はこまごま母とのバトルも続き、どこかでこれじゃ、走らないだろうなって思ってたし、週間天気予報でははじめは雨だったから、翌日から抗がん剤治療を控え、これは神様がストップかけてくれたんだと、それでいいんだって思ってた。
だがだか、天気予報は早々覆り、役たたへんやん!って。

で、やっぱり自分からやめる選択肢はできずに。
そんなこんなで、当日テンション上がりきらずもスタートライン。

震災復興をみんなで願うセレモニー

みんなでひまわりの花を咲かせようと。


結果は見事な惨敗。
記録はもちろん、体力、気力ともに…。
いろんな涙流しました。
悔し涙に悲し涙、そして感謝や感動の涙。どこかに母の思いも…。

ハーフにも満たない明石海峡ですでに体力限界。どう考えても、あと半分以上は走れない。
そして次の救護所でリタイアしようと決めて歩きだしたけど、沿道のハイタッチのみならず、ぎゅっと握りしめてくれる人が「大丈夫」とうなずいてくれて、「◯◯さん頑張れ」って大声で応援してくれる子ども達、半泣きのうちに「ぶどう食べ」と言ってくれる人がいて、周りをみたらみんな頑張って走ってる。
この時点で誰一人止めようと思ってる人はいなくて、うちだけなんやって思ったら、そんな自分に悔しくなって、その後は号泣や。

救護所見つけて、、、入れなった。

体力の限界と感じたここからどんだけ持つのか、
バスの収容車にドキドキしながら、
ほとんど歩いてたけど、無事ゴール。

あれからもめげそうな気持ちを沿道のみんなが繋いでくれた。
みんなとハイタッチかわす度に涙が溢れ…。
ゴールに導いてくれたのは周りのおかげ






でも、やっぱり無謀すぎた(笑)
動かない足を必死で何にもなかったように帰ってみたけど、気づいてたかなー。
スポンサーサイト
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR