クリスマス

毎年、クリスマスをどう過ごしていたか記憶にない!

今年も?もちろん仕事でした。

久々実家で過ごすクリスマス。

母はここんとこめっちゃ調子よく過ごせてます。
母は病気になって、新聞の広告をよく見るようになったからか、季節のものを気にするようになりました。
例えば、食べ物とかもその時期のものを食べたがるように。
そして、クリスマスも。

ずっとずっと仕事人間で、あんまりというか全然そんなの気にする人ではなく、小さい頃からクリスマスプレゼントもケーキもあんまりなかった。
子どもの頃はさみしかったなぁ。
まぁ、ビンボーだったしね。

そんな母が仕事帰りに電話すると、今日は友達に連れて行ってもらって、チキンとピザを買ってきたと。
そしてケーキ食べたいと言ったので、急遽、帰りにプレゼントと小さいホールのケーキを買いました。

プレゼントは時間もなかったので、ニットの帽子とユニクロの超極暖のシャツ。
抗がん剤の影響で随分髪の毛が薄くなったので、外出時には必ず帽子を被ってるし、うちと一緒で超寒がりだから。

きっとチキンもピザもケーキもほとんど食べれないんやろうけど、気分だけでも感じられたらいいかっ。

うちはうちで、昨日の休みにめっちゃ久しぶりに出かけたので、自分のご褒美にとばく買いしてしまいました。
コート、コート、コート。アウターばっかり(笑)

それにしても、百貨店の地下は人、人、人。疲れたー。

スポンサーサイト

ステロイドおばけのその後…。

ザノサー治療中、ステロイドの影響を受け、仕事のあり方についてふつふつと考えた日からしばらく経って…。

冷静になって考えても、このまま仕事を続けていけるのかとの思いは変わらず…。

この仕事ってなかなか急には休めない。1人休むとその分周りへの負担が直接もろにかかってしまう。それが夜勤で交代してもらうとなるとさらに…。

仕事に対して、甘く考えてるわけじゃないし、それなりの責任も持ってるつもり。
だからホントに悩ましい。


でも、仕事には代わりがいて、自分がいなくてもまわっていく。
だけど、今の母との時間は代わりはないし、この経験がきっとこれから仕事を続けていく上でも大きな意味を成すと思うから、
だから、やっぱり前もってこれからについてお願いすることにした。

2日以上の続けての夜勤は厳しいため、夜勤の組み方とそれに伴う夜勤回数の軽減、そして、日勤が続いた時に時間休で1~2時間早めに帰らせてもらいたいことを師長さんとスタッフに。
もちろん、今すぐじゃなくて、今後状態に合わせての話。
急に休まないといけないことがあるかもしれないことも伝えておいた。

ずっとじゃないし、また働けるようになったら頑張るつもりだし、許されるよね?
って自分自身に。

自分の病気でも休みをとり、心苦しい気持ちはあって、どっかで引け目を感じることもある。
だから、休みの日に母のこと以外でほんの少し出かけたり、息抜きすることもなんだかダメなことしている感覚に陥いったり、後ろめたさを感じたり…。

そして、それに対して反発する気持ちもあったり…。

ほんと、心って複雑。
あーでもない、こーでもない。
主張ばっかりする気はないけど、結局そうなのか?

ふはぁー。

どんだけ考えても答えはでない。
そして先はどうなるかはわからない。
だからその時々で考えていくしかないんだよねー。

あれこれお出かけ

母が膵臓癌と診断されて、あまり長い時間は残っていないと知って、
できることはないかと考えた。

もともとずっと仕事をしてたので、じっと家にいるのはストレスアップするようで…。

体調万全とはいかないけれど、無理しながらだけど、
あっちこっち行ってみた。

まずは6月初め、生検後、尿管ステントの手術までの間、雄琴温泉にマロンを連れて1泊2日。
抗がん剤治療が始まる前にと。




9月中旬、Wステント留置して退院後間もなく、これもマロンと彦根の犬様様のリッチなホテルへ1泊2日。
これがいつか行こう、行こうって言ってたところ。
何とか少しは食べれる状態で行くことできて良かった。







琵琶湖に入り、2歳の誕生日を祝ってもらい、マロンが一番幸せそうでした。


9月末~10月初めにかけて、妹達がいる福岡で合流して、生まれ育った鹿児島へ2泊3日。




帰ってきてからはかなりのしんどさでへたばってたけど、住んでたとこを歩いてみたりして懐かしかったよう。


10月末にまたまたマロンを連れて、和歌山へ1泊2日。





振り返ると、
まあまあ、お出かけしてるやん。
毎回、当日まで行けるかひやひややったけど…。
なんとかかんとか、なったもんだ。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR