ゲノム解析の時代?

1/31は患者会でお勉強。京大のオンコロジスト、松本先生の講演を聞きに行きました。一人一人の悩みに対しても、現実に即したアドバイスをいただき、有意義な1日でした。

で、うちが相談したのは、肝転移に対しての治療開始時期と治療法。
そろそろ開始したほうがよい、次のMRIで比較して…と。治療法はアフィニトールを少量投与かザノサーの連続投与かな…と。

最近は帰ってくる答えも予想ができる。
それでも、いろんな先生に聞いてみる。「そうだよね…」って自分を納得させるため。

治療開始したら、現状維持が目標になる。緩やかに進行してるやつだからこそ、薬が効いていてこの程度なのか、もしかして何もしなてなくても同じ程度ですんでるんじゃないのかと思ってしまう。
それならできるだけ先延ばしにしたいとやっぱり思ってしまう。体に影響ない程度なら。だって、今もやつはお腹にひそんでるけど、何がどうとゆうことはない。

先生もそこはそうだねと。
それでも、いつか顔つきを変えてスピードアップしてからではなく、そろそろ治療開始かなぁと。
はい、わかってます…。半分くらいは覚悟を決めてます…。

NETに限ったことじゃないけど、急に顔つきを変えて悪くなる時にはなんらかの遺伝子変異が起こってるんだそう。
もともと癌もNETも原因は遺伝子変異。
最近は関与してる遺伝子を標的にした治療、分子標的薬が発展してきてる。今後さらに研究が進めば、治せる、夢のような時代もくるかもしれないって。
特にNETの遺伝子変異は150個くらいと、他に比べれば数は少なくシンプル?
なので、見つけやすいんじゃないかって。

治癒はやっぱり夢のような話…。
でも、先生達は色々研究頑張ってくれてるし、少しはポジティブにならないとね。


今までは疾患別に治療法が決められてたけど、これからはゲノムの解析によって治療法が見出される時代がやってくる?

ゲノム?
難しくってサッパリ~(-。-;


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

治療方針悩みますね。

何が一番ベストなのか。

やってみないと何もわからないし、変わらない。

んー難題( TДT)

ゲノム?ゲノム解析?

サッパリ解らない(笑)
何でも良いからNETの医療が発展して欲しい。

とりあえず研究してくれる先生がいることが大きな支えだし、希望ですね!!

はやママさん
そうなんですよね〜。
色々難題!
ちゃんと治療受けなきゃとは思ってるものの、なかなかねぇ。
受け入れるのって大変。

先生が紹介されたゲノムの本、今、読んでいます

3日でサクサク読めるというのは・・・ちょっと・・・
確かに、読みやすい文体ではあるのですが、まだ40P位です。
本当に、医療は大きな過渡期なのかなと、あの本を読むと思います。
但し、自分達の治療にまで影響が出るのは何時のことか・・・

人生は同時に二通り試せないところがミソだよね。
どちらが良かったかなんて、最後まで解らない。
でも、やはり先生の意見が妥当なのかな。

くちかずこさん
ゲノムの本、読まれてるんですね。うちはまず読書が苦手、しかも分野が遺伝子ってことで、はじめからあきらめです。
読まれたら要約お願いします。

ほんと人生は2つのことは同時にはできない。「〜たら」はないですよね。
先生のご意見が妥当なんですよね。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR