ザノサーのお勉強

治療法として、ザノサーを選択。
で、ちょっとお勉強!?

こないだ先生から、この冊子をもらった。


目新しいことは書いてないけど、こんな感じでした。

《ザノサーの作用》
アルキル化剤という抗がん剤。
DNAに作用して癌細胞の増殖を抑える。

《投与方法》
①5日間連続投与し、37日間空けて6週毎の投与を繰り返す
②1週間に1回投与を繰り返す

1回の点滴は30分~2時間。

①なら入院、②なら外来での治療
うちは①を選択。

《慎重投与、禁忌》
・腎機能低下
・糖尿病
・高齢

・妊婦、授乳中は禁忌

原発が膵の人も多いし、糖尿病は要チェック。

これで妊娠は100%無理。もともと100%考えてないけど、女性としてなんだかね…。

《注意すべき併用薬剤》
・他の抗がん剤
・抗生剤(アミノグリコシド系)
・ステロイド
・フェニトイン(抗てんかん薬)

ステロイドが気になるところ。抗がん剤投与前に副作用を抑える目的で使うことも多いけど、ダメなんかなぁ。
これは確認必要!

《主な副作用》
・腎障害
適切な輸液いってたら心配しなくて大丈夫と関電で言われた。

・骨髄抑制
急激にはこないだろうと思ってるけど、脾臓取ってるし、肺炎球菌ワクチン打ってないし、感染には注意しなきゃね。

・耐糖能異常
膵臓とってるし、遺伝的にも糖尿病家系…。

・肝障害
肝臓とってるけど、データーは問題ないし、大丈夫かな。肝臓は再生する臓器と言われるし。

・嘔気
まぁまぁ強いらしいけど、制吐剤もよくなってきてるから何とかなるかな。
イメンド普通は3日間だけど、最大容量5日間だしてと頼んどいた!
カイトリルもナゼアもナウゼリンもプリンペランもお願いしよっ!

・血管痛
投与中、漏れてなくても痛いらしい。温めてゆっくり投与(2時間かけて)してもらおうと思うけど、無理ならCVポートも考慮かな。

・便秘
もともと便秘ないし、心配してない。

はい、こんな内容でした。

たまたま、同時期に肝転移の検査や治療法を考えてるしま友さんもいたりして、質をこだわったロングサバイバー一緒に目指したいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さすが、わかりやすいなあ

やはり、入院コースを選んだんだね。
くちこでも、そっちにすると思う。
ま、どっちもしないかもだけれど、ね。
でも、いざとなったらするかなあ???
治験対象にはならないの?
経済的には凄く助かると思うけれど。

いよいよですね

ザノサーのこと 勉強になりました(^^)
ウチは今はスーテントだけど
一緒にロングサバイバー目指しましょうね!

くちかずこさん
何もしない選択肢、2年前の肝転移がわかった時には抗がん剤なんてありえなかった。
いつしか意識改革されて…。
今ある中で、一番制限がましかなっと。
保険収載されて治験はなくなったみたいです。経済的にかなり苦しくなります(。-_-。)

つぼみさん
ほんといよいよです。
意外に大丈夫やった〜とすむように願っています。

ザノサー

たまたま、一昨日ザノサー治療経験患者さん(2011年治験参加)とお会いして
ザノサーでの副作用のお話を伺いました。

個人差はあると思いますが、その方は
悪心と便秘が相当ひどかったそうです。
もちろん2011年から制吐剤はかなり良くなったのと
同じ抗がん剤でも人により悪心のレベルも全く違うと思いますが、
便秘は、ほんとに腸が動かなくなる感じらしいです。

対策としては、気休めかもしれませんが事前にヨーグルトなどによる
乳酸菌摂取で胃・腸のコンディションを整えることですね。

他に、海外ではストレプトゾシンは、ドキソルビシンなどとの併用が一般的になっていて、
特にドキソルビシンとの併用では膵原発患者で生存期間が顕著に伸びていたようです。
日本では、ドキソルビシンがNET患者では保険適用ではないので、
混合診療不可の日本では難しいですが。。。

ストレプトゾシン経験の方とは、PRRT治療のことでお会いしたのですが、
劇的な腫瘍縮小効果があったのは、PRRT治療だったとのことでした。

一昨日、厚労省にPRRT治療のことで訪問し、
日本での患者サイドから見た実態をお話したのですが、
欧米では初期治療にPRRTが取り入れられていて、
実際に治療効果も高いので、是非日本で実施できるように
お願いしました。

サリーさん
貴重な経験者のお話ありがとうございます!便秘そんなになんですね。気をつけます。
ドキソルビシンや5FUとの併用の話はちらっと聞いたことあるような…。ドキソルビシンはしんどそうなイメージです。
正直、ザノサーに過度な期待はあんまりしてないけど、それでも一番使いやすいかなぁっと勝手に。副作用が許容範囲で現状維持できたらもうけもんみたいな感じです。
PRRT早期に日本でもできるようになる日が来るの願っています。厚労省の訪問ありがとうございました。

ドキソルビシンの商品名がわからなかった(T_T)調べたらウロで使ってたりするんですね。う~ん吐き気が強いイメージ。
治療開始時期なんですね!これからも一緒に戦いましょうというかうまく共存していきましょう!
そういえば関東のしまうまねっとに初めて参加したとき、ザノサーを個人輸入してクリニックで治療している方がいて肝転移わかって10年たって(その間にはまた違う治療してたかもしれないけど)て、なんと子供も作ってました。(その方は男性でしたけど)

ゆんさん
ドキソルビシンは今働いてる小児科でもよく使われています。真っ赤な薬剤で見た目からして…。
自分で選んだ選択、効果の面でも副作用の面でも少しでも長く使える薬になるといいんですが。
また使い始めたら報告します。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR