病気と仕事

色んな気持ちを抱えながらも無事仕事を終え、2013年3月、手術前々日から病欠に突入。

再発して手術を繰り返すほど、病状も深刻になるわけで、周りには病気のこと、どんどん話せなくなる。やっぱり悪性腫瘍ってことを自分自身が受け入れられてないのか、そんな目で見られたくない、色々詮索されたくないって思ってしまうのも正直な気持ち。

休みをもらってみんなに迷惑をかけるのだから、ちゃんと話さないとという気持ちもあるけど、なかなか行動に移せず。
今回は師長さんのはからいで、病棟には何も言わずにでてきてしまった。

2人に1人が癌になる時代。外来で抗がん剤などの治療を行うことも少なくない。そして、治療費もけっこうかかるのが現実。
治療しながら仕事が続けられる=病気とともに共生できる社会が求められるって思う。

他の職業に比べれば、制度も確立してて、休みもとりやすいから、恵まれてるほうだと思う。
それでも、一方ではみんなと同じだけ働ける能力があっても、一生懸命働いても、1ヶ月以上休めば、給料だって下がってしまうのが現実。仕方ないことだってわかってるけど、どんなに頑張っても評価されないみたいな気持ちも持ってしまう。
それに、今後治療で病欠が続けば、働き続けられないんじゃないかって、仕事を辞する時がやってるくるんじゃないかって不安もある。

病院っていう職場だからこそ、率先して、個別的に働き続けられる環境を見いだしてほしいって願う。
今がそうじゃないっていってるわけじゃなくて、これからどれだけそんな対応してもらえるのかなって。

といっても、病気のことオープンにできてないのに、求めるとこ高し…ですね。

病気を持ちながら、仕事をどうするかはこれからが、きっと大きな問題になってくるだろうし、自分自身も意識改革が必要なんだろうと感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR