術後の疼痛

腹腔鏡から開腹手術となったことで、傷口もそこそこ大きく、そして今までの縦の傷に加え、への字に傷が。
横切開は正中創に比べて、痛いと知ってるから、ちょっとびびってた。

だけど、手術から帰ってた後もそこそこでいけてる。気になるのはお腹の傷よりもむしろ肩の痛み?
もちろん痛いけど、一度目の手術に比べたらまし?って感じでした。

身体が慣れたわけではなく、きっと硬膜外に入ってる痛み止めがよくなったんだと思う。7年もたてば、医学も進歩する。
今回は持続的に入ってるチューブにボタンがついてて、痛みが強くなれば、それを押せば薬が早送りできるようになっている。患者自身で管理できるようになってて、それにも驚いた。

痛みは日にち薬というから、このままいけるかと思ってたけど、そう甘くはなかったぁ(T.T)
硬膜外チューブの痛み止めは2、3日でなくなる。そして、チューブ抜去とドレーン抜去が重なり、ドレーンが想像以上にお腹の奥に入っていて、抜く時にお腹の中をかき回されるような痛みが…。あえなく撃沈( ̄□ ̄;)!!
もともと痛みに強いほうではないので、皮下からレペタンという鎮痛剤のおかわりを。それで何とか復活。2日後になくなる時にはその半分量でまたまたおかわりいただきました。
レペタンはそこそこきつい薬。鎮痛効果に伴って眠気も。不眠もあるし、夜間は適度に早送りし、ウトウトと(-.-)Zzz・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR