漢方のお話

先週末はCancer Month Kyoto 2015のシンポジウム「がんとともに生きる」に行ってきました。

そこで出たのが漢方薬のお話。漢方にはがんの副作用を抑える作用が色々あって、最近は抗がん剤と併用してその効果を確かめる臨床試験も行われてきているそう。
何年か前に漢方薬の勉強会に行ったけど、その時のうちは「漢方ってほんまに効くの」って思ってたし、気休めくらいに捉えてた。確かに働いく現場でも漢方の使用頻度は増えつつある。今なら漢方の力を少し信じてる。

お話にでたのは、六君子湯と半夏瀉心湯。
①六君子湯
がんの悪液質の症状緩和。食欲不振、やせに対して。グレリンとい食欲改善ホルモンが含まれる。
②半夏瀉心湯
抗がん剤の副作用、口内炎予防と改善。飲みにくい場合は溶かしてうがいにしても使用。

へぇ~って聞いてました。
以前の勉強会ででてたのは、補中益気湯や桔梗湯、抑肝散。
大事なことは、色々ある漢方の中で自分に合ったものを処方してもらうことと言われてました。


それから、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんのお話も聞きました。

印象に残ったことは
①努力しない
②いい加減に
③なんとかなる
をモットーに生きてると言われてました。

頑張りすぎず、落ち込みすぎず、神経質になりすぎずってことかな。
それでも気持ちのコントロールは難しいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR