MAEMUKI駅伝

2013年8月アメリカンホーム保険が行っている「MAEMUKI駅伝」に参加。

今年で2回目らしく、そんなイベントがあると知ったのは、緩和ケア学会に行った時。

この本を

もらって、

帰りの新幹線で

読んで、
参加してみたいと思った。

この頃は、
病気のことばっかり考えてて、割りきることもできず…(←今でもそうだけど(-""-;))

自分にできることは何かと模索するけど、答えをだせずにいて、
たちどまってる状態。

MAEMUKI駅伝は病気を克服した人だけでなく、現在も闘病中の人、家族や友人などが参加されていて、それぞれの思いを、襷に託して走っている。
MAEMUKIな気持ちを日本中に広げるというプロジェクト。

伝えたい思いってなんだろ?って考えててみた。
改めて考えてみると難しい。

病気になって、 家族や友達、主治医など、いろんな人の支えがあって、今がある。たくさん感謝してる。

そして、NETは希少がんのひとつ。まだまだ治療法も確立しているとはいえない。一人でも多くの人に知ってもらえるよう、働きかけていく必要があるとも思う。どこかでは、自分も少しでも役にたてればなという思いはある。

これらがうちが伝えたい思い?

襷に託して伝えたい思いって…。…。

わからないから参加したのかも。
みえない思いや何かを探しに。
走ってみたいという直感を大切に。

いつかやまたじゃなく、思ったことはその時々で行動に移すことの大切さを感じるようになった。
いつ、何があるかわからない。



富山で1584人のうちの1人として、襷をつないだ。

つないで感じたこと。

病気を公にカミングアウトできて、前向きに闘病している人ばかりじゃないと思う。
そこにたどり着く途中の人や人には言えない気持ち、受け入れられない気持ちを持ってる人もたくさんいると思う。
そんな人達や前を向こうと必死に頑張ってる人達とも気持ちを共有できて、繋がりたいと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR