セカンドオピニオン

今年のNETフォーラムで、この病気を専門としてる先生がたくさんいることを知って、手術する時から、落ち着いたらセカンドオピニオンに行こうと思ってた。

今の病院に不満があるわけでもないし、主治医のことも信頼してる。これからももちろんここでお世話になるつもりでいる。

ただ再発を繰り返し、これからずっと付き合ってかないといけないと覚悟し、今後の治療やこれからの経過について、専門の先生から意見を聞きたいと思った。

そして、フォーラムに先生が来られていた関西電力病院に行くことに。

聞きたいことは、
①手術で取りきれたとなっているが、多発性に肝転移を認めてる状態で内科的治療を行ったほうがよいのか?
②今後の治療方針

結果は
①手術後の予防投与についてはエビデンスはなし。期間を決めて薬物治療をしている人もいるが、2~3ヶ月で画像フォローをしていくのがよいのではないか。
②手術でとれるなら手術。困難ならTACE。薬物治療となると、MIBが高いため、分子標的薬(エベロリムス、スニチニブ)ではなく、抗がん剤治療が選択肢になるかも知れない。抗がん剤は肺小細胞癌に準じた治療が行われる(CPT11+CDDP、VP16+CDDP)。治療法の選択は腫瘍の増大のスピードによる。

色々聞いたけど、大きくまとめたらこんな感じ。

今の生活を続けていけることが、一番の望みでもあるため、内科的治療には消極的でもあったし、納得の一言。

そもそもセカンドオピニオンとは納得して最適な治療を受けるために、主治医以外の医師に第二の意見を求めること。
主治医と意見があわないから、病院を変えるというのではなく、受け取った情報からの意見を聞き、新たに検査や治療がされるわけではない。
病院を変えるかどうかはその後に相談してになる。

セカンドオピニオンに行きたいと言い出しにくいと聞いたこともある。
だけど、希望があるなら、絶対に申し出るべきだと思う。特にNETは稀な疾患で治療法も確立してるとはいえないし、専門にしている先生がどの病院にもいるわけではないし。

ちなみにセカンドオピニオンは自由診療。病院ごとに時間によって、値段が決められている。
関西電力病院は30分10500円。(←これでも良心的なほう)
確かに高い。病気になるとお金がかかるよな~とつくづく思う。
だけど、せっかくの機会、聞きたいことは思い残さないようにと色々聞いた。
支払いはチーン(T-T)って感じでしたが、
何かあったら、いつでも来てくれたらよいと言ってもらったし、再発時にはまた相談に行こうかなと思ってる。
今度は紹介というかたちで、保険診療で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。

はじめまして。
大阪のフォーラムに参加されていたんですね。
私は、フォーラムの実行委員しておりました。
フォーラムで、お会いしていたはずなんですね。

ブログははしょって一部しか拝見していないのですが、
看護師さんなのでしょうか?
2006年から診断受けられていたのなら、かなり闘病歴
長いのですね。
マラソンにダイビングってすごいアクティブですね。
他の患者さんもフルマラソン完走された方がいらして、
病気してても完走できるのかあ。。。と驚きました。

もう少しゆっくりブログ拝見しますね。
いつもは検索しない「膵内分泌腫瘍」で検索したら、
たまたまヒットし、ついつい夜更かししてしまいました。(^^;)
今後ともよろしくお願いします。

Re: 初めまして。

サリーさん
はじめまして。私、サリーさん存じ上げてます!
大阪でのフォーラムの記憶は少し曖昧ですが、ブログやコメント拝見させてもらったりして、病気のこと、熱心に勉強されていて、いつも的確なアドバイスされているので、すごい人!っていう印象です。そんな方からコメントもらえて光栄です。
はい、私は看護師しています。病歴も長いですが、真剣に向き合い始めたのは、肝転移してからなので、ここ1年くらいのまだまだひよこです。
いろんな大先輩方の働きかけで、フォーラムや患者会へ、そうして自分にまでつながってるんだと思います。
いろんな縁を大切にしたいなっと思っていますので、よろしくお願いします。
マラソンやダイビングは病気になる前からやっていて、病気になってもこうして続けられてるのは、自分のモチベーションにもつながっています。これから先も続けていけたらいいなぁと思ってます。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR