FC2ブログ

遺伝子検査と副甲状腺機能亢進症の治療法

ザノサー3日目、今回は点滴との相性が良くなく、連日入れ替えの上、なかなか入りません(>_<)

とうとう主治医からはCVポートのお話もちらっとされました。


で、本題。
こないだ、MEN1の遺伝子検査を受けてきました。
NETと副甲状腺機能亢進症を有してることで、診断的にはすでにMEN1だけど、典型的とも言えず、
副甲状腺機能亢進症の手術内容が変わってくることが決断の一歩。


遺伝子検査は陽性であれば親から子へと50%で遺伝するため、子どもがいたなら、もっとナイーブな問題。

うちは両親も他界し子どももいない。
その分、受けるのにはそんなに躊躇はなかったかなぁ。


自分の中では勝手に根拠もなく半々かなって。
結果までは1ヶ月くらいはかかるそう。


そして昨日は内分泌のセンセが来られ、カルシウムちょっと上がりましたねと。
あ、いや、ちょっと旅行に行って海鮮の食べすぎが影響してるかもとタジタジ。
まぁ、1回だけの検査じゃねと。

そして遺伝子検査の話になり、

MEN1なら
高カルシウム血症持続→内服治療→コントロール困難なら全摘+自家移植の手術

MEN1でなければ
早めに1腺を手術
高カルシウム血症の改善により、結石や骨粗鬆症の進行、腎機能悪化の予防ができるからと。

もちろん後者がいいに違いない。全摘したら、自家移植をしてもカルシウム値のコントロールは難しくなるだろうし、運動や体調によっても影響を受け、仕事もままならなくなったらという不安も尽きないし。
治療、仕事、プライベートのバランスが一気に崩れちゃいそうでね。

手術になっても、早々にだなんて思ってなかった。予想外。


やっぱり、常はない。


あっ、今日の採血はすべて改善してました。
カルシウムも高いけど、10台に。
ほっ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いろんなリスクってあるよね

知れば知るほど。
考えれば考えるほど。
これ、ドツボコース。
くちこも、よく、このコースに。

案外どうにかなる。
どうにかする。
そして、意外にしぶといのが人間かと。

まんまで。
そのまんまで。

くちかずこさん
次から次に、何かと湧いてくるんですよね。
ザノサー17クール、さほどの生活の質を落とさずにこれてて、ある程度このままいけるんじゃないかという欲もでてきて…。
健全に前を進んでるつもりなのに、また落とし穴に落ちた!
でも、この副甲状腺の治療は確実に進行していくので、自身にやるとかやらないとか選択肢がないような…。癌のそのものの治療じゃないし。
なので、遺伝子検査の結果次第で、導かれてくのね〜って感じです。

くちかずこさん
次から次に、何かと湧いてくるんですよね。
ザノサー17クール、さほどの生活の質を落とさずにこれてて、ある程度このままいけるんじゃないかという欲もでてきて…。
健全に前を進んでるつもりなのに、また落とし穴に落ちた!
でも、この副甲状腺の治療は確実に進行していくので、自身にやるとかやらないとか選択肢がないような…。癌のそのものの治療じゃないし。
なので、遺伝子検査の結果次第で、導かれてくのね〜って感じです。

プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR