FC2ブログ

希少がんセミナーとしまうま仲間

『第9回 希少がん Meet the Expert 神経内分泌腫瘍』
に参加してきました!

セミナー前に
東京のしまうまさん達と院内のレストランで早めの食事を。

築地ということで海鮮丼食べました。
レストランから見える景色、さすが東京!


食事は久々に再会する人、はじめましての人、数人で。
近況やら、色々話して、時間はあっという間に過ぎていき…。

お会いしたしまうまさんの中には2年半前の東京のフォーラムでお会いして、たまーにメールのやり取りをしていたけど、最近は途切れてどうされてるかなぁと気になってた人やうちがマラソンをしてるのを知って、そこからマラソン始められて去年一緒に横浜マラソンを走った人も来られていて、感動の再会でした。

会えて嬉しかった!!
みんなほんと元気でした!


で、セミナーですが、先生のお話はわかりやすくて、誠実なお人柄が滲み出ていた講演でした。

真新しいことがたくさんあったわけではないですが、すごくコンパクトにまとまっていました。

NETといっても、膵臓やら消化管、肺の原発で保険適応になってる薬が違ったりしてややこしいし、聞き具合も若干違うとか…。うちが使用してるザノサーは消化管では膵臓より劣る印象ありなど。

講演の最後にはそれぞれの治療で効果があった画像を示されていましたが、みんながみんなこんなに効くわけではないけれど、いいイメージを持って治療に臨んで免疫力をあげてほしいと話されてました。

講演後の質疑応答では今話題の免疫チェックポイント阻害薬やプレシジョンメディスンの話が挙がってました。少々メディアなどで取り上げすぎて過熱しすぎとの印象があるとのことでした。
検査を受けて遺伝子異常がわかってもそれにマッチする治療の開発はまだ追っついてない感じ。

確実にゲノムの時代にはなって来てるんだろうけど、実用化にはかなりの時間を要しそう。

このセミナーは詳しくは後日YouTubeで公開されるみたいなので、来られなかった方もみてみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

グレード G2 といっても

効果ありの治療例で後から見直して気になったのは

  TACE p-NET G2 (Ki67 5%) 肝転移 前治療ナシ

  放射線治療  p-NET G2 (Ki67 4%) 肝転移 前治療あり

  Ki指数も「転移するという悪性度」の指標には ? ということなのでしょうか…
       

パインさん
ki-67指数が4〜5%のG2、転移してる人も多い気がします。
うちも4.2%で、転移して14%にまで急上昇。
ただki-67指数で治療が効きやすい、効きにくいがあるのかはわかりません(NETに限っては…)
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR