肝転移からの5年間

5年前、ひょこり肝臓にやつが顔をだし、人生が変わったといっても過言でもない。

その頃のうちは中堅看護師として消化器外科や内科で働いていた。
NETじゃないけど肝転移の厳しさは身にしみてよくわかっていたから、それが自分の目の前に突きつけられた恐怖や動揺は半端ないものでした。

初発時よりも抗がん剤治療を開始する時よりも、そしてこれから起こりえる様々なことを考えても、あの時が人生の一番のターニングポイントだと思う。

そして本気で命の期限を感じ、覚悟をしたきっかけでもありました。


振り返れば、この5年間、駆け足で走り続け、生き急いできたなぁって。

かなりのせっかちさんでした。


時間は今しかないって。仕事辞めようという選択肢は全くなくて、今のままフルで働ける環境を相談し小児科病棟への異動、
プライベートも今まで以上におでかけしては綺麗な景色を見たり、美味しいもの食べ、ダイビングやマラソンもして、今しかできないことを少々無理をしてでもやってきた。

エンディングノートを新しくして、お金や手続きのことも準備もしたし…。今じゃ開けることもなくなって放置、笑。

で、ザノサー治療開始、ドギマギしながらの開始だったはずも、もうすぐ3年、今はモチベーション維持に苦労です。

そして、一昨年にはずっと支えてくれた母の膵臓癌が発覚、2人3脚で過酷な1年の闘病生活。ほんとにほんとに辛いものでした。自分の病気では覚悟をしてたものの、いざ家族の立場になると、母の生きたいという気持ちをひしひしと感じ、進行していく現状との間に苦しめられた。今までの看護師人生もちっぽけに感じられたり…。
一方で母の最大の希望であった自宅で看取ることができ、往診医や訪問看護師さん達の地域の力を肌で実感し、帰りたい人が帰れる環境にも力が入れられてることも知れた。

この5月でもう一周忌、寂しい今でも、こうしてやってこれてるのは、母の看護に寄り添えた気持ちがあるからで、あの1年はかけがえのないものだった。


ほんとにほんとに色々あった。

5年間、ほんとによく頑張った。

そしてこの5年で、以前よりどう生きたいかを考えるようになれたかな。
余裕なく歩んできたけど。

でも、バッドニュースを伝えられる時には落胆の中にも、少なからず自分の気持ちをリセットさせられる。そこから考える力が生き方につながっていくんじゃないかなって思うこともある。

比較的ゆっくり進む疾患だから、生き方を大事にしていきたいですね。


転移治療中、5年って区切りがあるわけじゃないけれど、これからは少しはリラックスしながら、余裕を持って進んでいけるかな。
夢の夢だった東京オリンピックももうすぐ?

あっ、それからこの5年の間には大切な仲間も増えましたね。
忘れたら怒られる癒しのマロンちゃん。


母が元気な時にはドッグランでかけっこ。


しまともピクニックにも参加。

今日はまじめなお話でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はい、よく頑張っておられます(>_<)

あかしまもようさん、こんにちは。
はい、仰る通り、よく頑張っておられますね。
本当にいつも、感心しますよ!
5年間の間に、本当に色々な事も経験され、精神的に押し潰されそうになった事もあるかもしれませんが、それが、人生の糧となってるのかな?
とにかく後悔しない様、お互い今を精一杯生きましょうね(^_−)−☆

ゆっくり噛みしめながら読みました。
ウチは肝転移が出てきたのは四年目。
やっぱりショックでしたね。
あかしまもようちゃんは
本当にいろんなことを経験してるのに
負けないで前向きに過ごしていて
素敵だなと思います。
私も頑張らなくちゃo(^o^)o
マロンちゃんにもいつか会いたいな~



そうなんだ。

一番ショックだったのは、転移を告げられた時だったのですね。
癌になったら、生涯、薄氷を踏む思いを背負って生きていくしか無いのかしらね。
くちこも、来月で五年です。
無事なのか、そうでないのか。。。
ゆっくり進むのが救いかなあ?
くちこも、とても生き急いだ感があります。
来年行ける、食べられる、保証は無いのだから、と。
もうね、気が済みました。
普通に生きるって、簡単なようで、実は・・・
お母様の件、くちこも驚きました。
本当に、よく頑張られましたね。
これからは、しなやかに、気楽に。
くちこも、メンタルは常なる課題ですよ。

まる子さん
よく頑張った!って褒めて、認めてもらって嬉しいです。
わーい(o^^o)
少々の不自由はあるけれど大きく生活スタイルを変えることなく、歩み続けられた5年はやっぱり大きいなー。
セミナーやブロ友さんと知り合ったのもちょうどこの頃。必死で助けを求めてたんでしょうね。
みんなの存在も本当にありがたかった。

つぼみさん
いつもうちの思いを汲み取りながら、丁寧に読んでいただいてありがとうございます。
わかってもらえるって気持ちが安心感と力につながってます。
生き方に戸惑いながら、模索しながらの5年、これからはもう少しどーんと構えて進んで行きたいです。
去年はリアルにお会いできて嬉しかった!
マロンフェリーで縦断は多難、関西で待ってます!

くちかずこさん
診断された時は良性くらいの気持ちでのフォローだったんで、正直多発肝転移はノックアウトでした。完治しないやつに太刀打ちできるとも考えられなかったし、背負って生きていく自信もなかった。

だけど、5年やってこれたんですよね。しかもまだ自分が許容できる範囲内で仕事も遊びもできて。やっぱり儲けもんな5年だったんかなぁって。これからは一人だし、あくせく生きて行かなくても、もう少し楽に歩めるようになるかな…とかとか。

くちこさんも状況は違うけど、5年突き進んでこられたような??病気がきっかけか以前からかはわかりませんが^_^
かわいいお孫ちゃんにも会えて、愛情たっぷりのお野菜、ご飯作り、船旅に習い事、めーいっぱい生きてはりますよ。
まだまだ忙しくですね。
GW明けお会いできるの楽しみにしています。

じーーーーーん。
とくる内容。
一言では言い表せない「頑張った」という言葉も勿論だけど、それ以上のなにかを思わされた感じです。
あかしまもようさんの体力と精神力見習いたい。
健康な人が仕事と生活と親の介護を同時進行するのも大変なのに、自分の体調管理もしながらとか、本当に凄い。
お母様もあかしまもようさんの傍に入れて嬉しかったでしょうね。
きっと天国から見守っていてくれてますね!
これからもマラソン、旅行、治療、仕事とおもいっきり楽しんで下さい。
おっと、治療と仕事は楽しめない    ( ゚ 3゚)

はやママさん
5年間ほんとに色々ありました!苦難の方が多かったけど、色んな縁に恵まれ懸命に過ごしてきた5年だったかなぁと。
治療は勘弁してほしいけど変わらず過ごしていけたらなぁっと。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR