第3回京都マラソン①

京都マラソンのエントリーしたのは6ヶ月も前のこと。8月末に受診し、先生が大阪マラソンのgoサインをだしてくれて、迷ってたエントリーもすることにした。
6ヶ月先はどうなってるかわからなかったけど、大阪マラソンはみんなの後押しがあってのことだったから、今度は自分の意思でちゃんと走ること決めたかった。

そして、無事当選し、挑戦できることにほっとした。

だけど、なんで走るんだろ~っていつも思う。ダイビングやヨガなら楽しかったり、気持ちよかったりするけど、マラソンだけは、これっぽっちも練習楽しくない。練習しなければ走れる距離じゃないから、やらなきゃという義務感だけ。
しかも、冬は寒くてさらに気合いが必要。家をでるまで1時間くらい葛藤が…。葛藤に負けて、練習しなきゃ罪悪感にかられ、なぜか凹む。しんどくて歩くと一気に体が冷えてさみしくなる。
こんなに自分を追い込むスポーツないよなって思いながらも…。
完走という達成感だけを求めて走る??、こりゃ中毒だなって思う。

エントリーした時から、これが最後になるかも、最後にしようかなってどこかに思ってた。
だから、納得できる結果をだせるように、今できること頑張らないとって、けっこうプレッシャーかけてた。

もともとプレッシャーや本番に強いタイプじゃない。
年末から何度もひく風邪に悩まされ、そして、自身のダークな検査結果もあり、2月には、父の入院・手術と、うまくいかないことが続いて、ほんとにコノヤローって思うこともあったし、めげそうにもなってた。

それでも、前々日にエントリーに行くと、やっぱり自然とテンションあがる!わくわく、どきどき。
走る前からランナーズハイ??アドレナリンですぎ(〃∇〃)

そして、前日になって、エントリーでもらった絵馬に自身の思いを書いて、マラソンに挑むことにした。



ほんとは根っからの負けず嫌い。だけど、いつもそんな自分を全面にはださず、努力してないふりしてた。
マラソンも周りには無理かもしれないって言葉に出してきたし、練習してないとは言わないまでも思うようにできてないって、アピールしてた。
そう、確かに不安がないわけではないし、できなかった時のための周りと自分への言い訳を用意してた。

だけど、そんな自分嫌だな~って。ちゃんと自分の気持ちに正直でありたいと。

この6ヶ月、色々あったし、気持ちもあっち向いたり、こっち向いたりだけど、その時々で、その時できることやってきた。
マラソン練習だって、今まで以上に頑張ったって言える。
京都マラソンはアップダウンも激しいコースだけど、もちろん今までよりもタイムを更新したいし、一度も勝ったことのない、一緒に走る先輩にあわよくば勝ちたいと思ってる。
そして、何より病気を言い訳にはしたくなかった。今は何かを制限されてるわけじゃないし、走りきれるだけの状態は維持してるんだから。

だから、できなかったことを考えるんじゃなくて、できると強い気持ちを持って挑もうと。
絵馬に書いたら、気持ちは楽になり、プレッシャーは不思議となくなった。

自分に妥協しないことが目標。
30キロまでは5キロ30分ペースを維持し、その後どんだけ粘れるか。4時間30分以内に完走すると具体的な目標もたてて、当日を向かえることにした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR