FC2ブログ

化学療法を続けるためには

初のザノサー+5FUで思った以上の副作用に悩まされ、少々続けていく自信がなくなりました。

ザノサー単独の場合には、ほとんど主治医にお世話になることはなく、退院後の受診も休みが取れない時には検査だけで許してもらうこともありました。

だけど、今回は次回について色々相談しました。
先生からは次の治療はどうする?と聞かれ、1回で止めるわけにはいかないしと返答し、6/25~2クール目を行うことになりました。もちろん先生も意見を聞いてくれたもののそのつもりです。

気持ち的にはザノサー単独に戻してほしいですが、1クールでは足した5FUの効果がどうなのかは評価が出来ません。
2クールして評価するか3クールして評価するかは悩んでいて、2クール目の様子をみて決めることにしました。

あまりにしんどければ、RFAの覚悟を決めて、その後はザノサー単独もありかなーと。(関電病院ではRFA後もザノサー+5FUの方針でしたが…)

主治医からはアフィニトールやスーテントは?との提案もありましたが、やっぱり毎日飲む気にはなれないので断っておきました。


そして、2クール目は治療終了翌日から内服で少量のステロイドを3日目ほど出してほしいことを提案し、快く了承してもらいました。
どこまで効くかはわかりませんが、点滴治療中はそこまでしんどくなることはなかったので、デカドロンが効きやすいのだと勝手に思っています。
ステロイドには消極的な時もありましたが、ずっと使うわけではないし、うまく副作用と付き合わなければ続けていけないし、試す価値はあるかなぁと。

今回、10日で体重が−3キロにもなりました。今は少しずつ増えてきていますが、このまま減り続けたらと危機感も感じています。ザノサー中の約3年で10キロ弱増えて、文句を言ってたのにね。

退院後の吐き気と腹痛、グルPiまでもいかないけどお腹の調子を崩したことが敗因、今回はこれをなんとか最小限にしたいものです。


前から変わらない思いですが、仕事とそこそこのプライベートの充実がなければ、治療を続けていく意味はないと思っています。

生き方は人それぞれ。

いいのか悪いのか、看護師としてたくさんの方を看取りました。そして両親も。知らず知らずのうちに死生観も芽生えたのかも知れません。
そして、寂しいことに夫や子どももいません。いざという時、近親者は兄だけ。
できる限り自分の力で、色々整理し、サクッと幕をひきたいというのが本音です。

それに肝転移から5年も経過できて、仕事を続けながら、やりたいこと、行きたいところ、直感で思いのままに行動できて、一生懸命生きてきたし、十分と思える猶予はもらいました。

様々な方がおられる中、恵まれていた時間とも思っています。


もちろん、まだまだ諦めたわけではありません。

だからこそ、化学療法を続けるためにはPSを保つことは大切だと実感しています。最低限の副作用で済むような対策としっかり栄養と睡眠をとり、適度な運動で筋力維持にも努めていきたいなぁっと思っています。


写真がないと寂しいので、こないだしまともさんが無事出産されたので、ちょこっと遊びに行ってきました。
パチクリお目目の赤ちゃんに癒されました。

色々乗り越えての出産!
希望は無限大∞

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最悪の中にも最善の道はある

自分の本音を正直に見つめて、
正しい天秤を。
サクッと。
これは、くちこも、希望。
でね、お互い、十分に、頑張ったり、楽しんだり、悔いの無い生き方だったのでは?

No title

戦えるだけ戦うけれど、やりたいことはやる。できなきゃ意味がないって、、100%共感です。

お母様に至ってはちゃんと最期まで看病もされて、本当に最高の娘だったんじゃないでしょうか。私に同じことができるかどうか。。。

そこの順番しっかり守ったのだから、あとはもうやりたいことをやればいい。同じ立場なら全く同じように考えると思います。

また、山登りやマラソンする姿、見せてくださいね(^_-)-☆

今日は6/24だから明日から治療なんですね。
少しでも副作用が軽くなるといいですね。
私のようなド素人と違って、あかしまもようちゃんは職業柄、有利な面もあるけど、つらいこともあるでしょう…。
秋に会うときにいっぱいお話しましょうね(*^^*)

くちかずこさん
ほんとに自分の体と相談しながら、治療選択。
覚悟が早すぎた?3年、生に向き合って生きてこれたし、きっとどの選択をしてもそれが正しい道なんだと思う。

鈴木さん
共感してもらえて嬉しいです。
帰路に立たされると悩むこともありますが、自分らしく生きたい、これはブレずに持っておきたいと思っています。
母は生きたいと強く願い、諦めずに頑張っていた姿を思うと看護師ではなく、娘として十分寄り添えてたのかと考えることもあります。
それでも大好きな家で逝くことができたのは自分の中での救いになっています。
それに、患者の気持ち、家族の気持ちをその立場になって、前よりも理解できるようになったし、それを生かせる場があることは恵まれてますよね。

つぼみさん
エールありがとうございます!
前回の経験が若干のトラウマになってますが、はねのけて頑張りまーす。
秋にお会いできるの楽しみにしています。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR