あれこれお出かけ

母が膵臓癌と診断されて、あまり長い時間は残っていないと知って、
できることはないかと考えた。

もともとずっと仕事をしてたので、じっと家にいるのはストレスアップするようで…。

体調万全とはいかないけれど、無理しながらだけど、
あっちこっち行ってみた。

まずは6月初め、生検後、尿管ステントの手術までの間、雄琴温泉にマロンを連れて1泊2日。
抗がん剤治療が始まる前にと。




9月中旬、Wステント留置して退院後間もなく、これもマロンと彦根の犬様様のリッチなホテルへ1泊2日。
これがいつか行こう、行こうって言ってたところ。
何とか少しは食べれる状態で行くことできて良かった。







琵琶湖に入り、2歳の誕生日を祝ってもらい、マロンが一番幸せそうでした。


9月末~10月初めにかけて、妹達がいる福岡で合流して、生まれ育った鹿児島へ2泊3日。




帰ってきてからはかなりのしんどさでへたばってたけど、住んでたとこを歩いてみたりして懐かしかったよう。


10月末にまたまたマロンを連れて、和歌山へ1泊2日。





振り返ると、
まあまあ、お出かけしてるやん。
毎回、当日まで行けるかひやひややったけど…。
なんとかかんとか、なったもんだ。

ザノサー12クール目(2016.11.21~)

昨日から入院して始めています。
前回と比べて大きなトピックスはないけれど、前日にかなり無謀にマラソンとかに出ちゃったもんだから、体の浮腫は治療前からあり、体重はすでに+2キロからスタート。
利尿剤にも反応乏しくむくむくです。3~4日で引いてくるかなー。

誕生日プレゼント

大台誕生日からもうすぐ3ヶ月、振り返って…。

その日はザノサー治療後の自宅療養中で、母の胆管ステントと十二指腸ステントの挿入日。


ステント留置は苦渋の選択。
CVポートを留置してサクッと帰るはずの入院が思わぬ事態に、母のストレスも増強。そして、W狭窄の現実に膵臓癌の厳しさを突きつけられ、このまま退院できないこともあるかもと本気で考えた。

ステント留置の難しさと留置後の再狭窄の現実を何度も経験し、どうしてもシビアにとらえてしまう。

この時先生から12月は厳しいかもしれないとも聞いたし…。


この入院で家に帰れないなんて、これっぽっちも考えてないだろうに…。
入院が大嫌いなのに…。

このまま処置を受けてもいいのだろうか…。

ずっと行こうと言ってたマロンとの旅行、今なら食べれないけど、行けるじゃないか。

とか…。

処置は受けるつもりだけど、一旦家に帰してあげなくてもいいのかって、
色々ぐるぐるまわって、最善って何なんやろうって。


でも、ぐるぐるまわってたのはうちだけで、母の中ではやらないという選択肢はなかった。


センセも気持ちをわかった上で、勝算はある、次の旅行の候補日までに退院も見込めると思ってくれてたので、信頼して任せることができました。

そして、今、この時があるんです。
自宅療養、色々あります。ケンカ勃発だらけで腹も立つし、疲れもします。
でも、一緒に過ごせる大切な時間をいただきました。

ザノサーの侵襲残る中、ケーキも何にもなかったけど、
センセからの最高のプレゼントでした。

ザノサー9クール目(2016.6.20~)

またまたやってきました、ザノサー。

今回は7週の間隔です。

前回はステロイドをday4~5はなしにしてみましたが、嘔気と倦怠感にやられ、早々撃沈。
それでも回復までの期間は大きく変わることはなかったです。
退院してからも
多忙であった以外は
採血データーも全く問題なしです。

で、今回はステロイドをday4~5はday1~3の半量を投与してみることにしました。

さてさてどうなることやら。
少しでも楽に過ごせることを目指して、やれることは貪欲にです。


この9クールの間、利尿剤を開始したり、輸液量減量したり、ステロイドの量をいじってみたりとちょっとですが、色々もがいてます。

嫌な顔せずに動いてくれるセンセに感謝ですね。
このクールが終わったら、またまた評価の時期です。

そして、ザノサー継続1年経ちました。
入院するだけで、はぁーですね。

カーテンに囲まれた生活はやっぱり非日常。

患者・市民パネル

今年度から国立がん研究センターが募集している患者・市民パネルに参加してみることにしました。

任期は2年で、がんの予防や治療について、患者や家族の直接的な声を聞き入れた取り組みをされるためものです。

最近は仕事も休みもバタバタで、気持ちも凹みぎみだったのですが、前から決めていたことだったので、東京まで行ってきました。

患者・市民パネルは100名いて、そのほとんどの人が参加されていました。
そしてみんな元気で熱くてエネルギッシュ!圧倒されすぎて、ちょっと軽い気持ちで応募した自分は場違いなんではと思うくらいでした。

それでも、年齢も癌種も置かれてる状況も全く違う人と知り合う機会になって、刺激を受けました。


で、終了したら、師長さんからの電話が。嫌な予感…。

明日勤務にでてきてほしいということでした。がーん( ̄◇ ̄;)

病欠でお休みもらってるし、最近は勤務も変わってもらったりしているので、嫌とは言えない。

心の中では「げぇー、まぢかよ」って感じでしたけど( ̄◇ ̄;)

エネルギーチャージした分、全て消費して、慌てて帰ってきました。
プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR