仕事復帰

仕事復帰して1週間が経って、もとの生活パターンへ戻りつつある感じ。

いつものことながら、復帰の朝は色々考えすぎてどんより…。
温かく受け入れてもらって、何度かうるっとなるのをこらえながらも、なんとか1日終えられてほっとした。

体力面、体調面での不安もあったけど、今までの手術後の復帰とは違って、身体的には少し楽だった気がします。

あとはどこまで血球が下がってくるかだけど、今日の採血では問題なし。

この調子なら、次回も10日ほどの病欠、3~4週間目には夜勤もできそう。


そうそうマロンも無事マンションに戻り、二人?生活も再開。
今まで怖がりさんで散歩もしなかったのに、実家で散歩の楽しさを覚えたらしく、ちょっと厄介。








でも、かなり癒される~。







昇進話とアウェイ感

4月は異動の季節。
この時期は師長や副師長への昇進や異動の噂があちこちで。

いつもつるんでる仲いい先輩達も新たな部署で働くことになったり、昇進したりでみんな副師長。
そして、数少ない同期もほぼ副師長へと昇進。
気がつけば、周りはできる人達ばかりだった。
うち自身はもともとそんな器ではない。
だけど、やっぱり取り残された気持ちが全くないわけじゃない。
これから先もみんなとは同じ土俵にはたてないんだという事実だけが悲しい。
目指してたわけでも、なりたいわけでもない。
勉強も好きじゃないし、リーダーシップを発揮して取りまとめるタイプじゃない。
自分の感性の赴くまま看護しているほうが自分らしいと思う。
でも、みんなとの間には見えない一線がある。
その一線を感じることが悲しい。


消化器内科で働いてた頃、十数年、手術やTACE、RFA、抗がん剤、放射線と様々な治療をしながら仕事を両立している患者さんがおられた。その患者さんが初めて癌だとわかったのが40歳くらいだったと思う。
そして、その患者さんが話されたこと、
「会社でもどんどん立場は追いやられていきますよ。窓際族です。いつ入院するかわからないし、任せてもらえる仕事も減ってきますしね。上に立つ者も自分より明らかに下です。それでも養わなわなければいけない。働かせてもらってるだけありがたいし、感謝してます」
と。

とても深く重い言葉でした。
患者さんは男性で、発症した時には子供さんもまだ小さかった。
働きざかりで家族を養っていかなきゃいけない年齢での癌とのお付き合い、うちよりももっともっと、悔しい思い、悲しい思い、様々な葛藤をされていたんだと思います。

私達は時にギアチェンジの必要な患者さんに「これからは病気とうまく付き合っていけるように」と声をかけることがある。
そんな簡単なことじゃないと、今は感じます。
気持ちに折り合いをつけながらやっていくって、ほんまに難しい。

今日は午前中はCT検査、夕方から仕事。
昨日、主治医からは勝負はMRI、CTは大丈夫って気持ちで受けてこいとメールもらいました。なんだか少し心が軽くなりました。

検査が終わって、鴨川沿いを歩いて帰り道、桜の開花はもう少し。
暖かな日差しの中を少し歩いただけでも、現実の世界から離れられて、卑屈になった心も少し洗われる気がしました。






どちらにするべきか。

昨日、準夜に行ったら、勤務交代をお願いされた。深夜を2つとってほしいと。
うちがとるのがその後の勤務もしっくりくるし、困った時はお互い様。急な体調不良や忌引きとかもあるわけで、もちろんOKしました。


ただ、心の中では快諾できなかったぁ。
1つはまだまだうち自身が仕事に慣れてないし、夜勤となるとさらにドキドキなわけで…。そこにふってきた夜勤。
重症さんもいて、はぁ~やっぱりほんとは憂鬱。
でも、周りはそれなりに任せて大丈夫と思ってくれてるわけで、この年になればそんなプレッシャーに負けてるわけにいかず、「みんなにできて、うちだけにできないことはない」です。

2つめは夜勤入りの休み、もともとは休みだったので予定いれていた。
しかも、なぜかおばちゃま達に人気の日帰りバスツアー(笑)
たまたま休みのあったメンバーでどっかお出かけしようとなって、車は人数オーバーだからって、そんなレアな選択。しかも急な変更、前日キャンセルになるわけでまぁまぁもったいない。

行くとなると朝7時出発、夜19~20時帰宅。で、その24時から仕事になる。
まぁまぁハード。
行くべきか行かないべきか、ずっーとぐるぐる、決められないよ~。

仕事優先したら、もちろん行かない選択をすべき。仕事も慣れてないし、体をきっちり休め、臨むべきと。
はい、わかってます。
だけど~、異動してのこの1ヶ月、どこにも行ってない。ひたすら仕事の毎日。もうそんな生活あきあきしてるんです。どっか行きたーーい!気分転換したーーい!
ただでさえ、時間がない、やりたいこといっぱいしときたいと思ってるのに。
体のためには行かないほうがよいけど、心のためには行ったほうがよいと思うんです。気を遣わずに、笑って気分転換必要でしょ。

さぁ、どうすべきかぁ。
悩ましすぎる、選択肢。
だけど、きっと、…してるね。

小児科病棟

今週から小児科病棟。
就職した時が小児科だったけど、10年以上ぶり。

スタッフもほぼ知らない人ばっかりで、子供にも親にもまだ慣れない。以前に働いてたといえど、変わってることもたくさんで、仕事自体も聞きまくりながら何とかやってる感じです。

まだまだ自分を出せず、苦しんでるけど、小児科しか知らなかった10年前に比べれば、大人を経験して、視野は確実に広がったはず。
そして、仕事でしんどいときや自信をなくしそうなときにはいつもこう思う。“みんなにできるのにうちにだけできないことはない”と。そう言い聞かせ、奮い立たせます。

幸い病棟の雰囲気はよいし、慣れれば楽しく働けるはず…。
しばらくが頑張りどころ。

今いるとこは、小児がんの子どももいるところ。入院も半年~1年にも及ぶけど、みんな頑張ってるし、うちも仕事もやつのことも頑張らなきゃね。






仕事おさめ??

いやいや、まだまだ年末年始働きます!

けど、平日は今日が最後ということで、みんなからお花をいただきました。

休みなのにわざわざ来てくれた先輩、後輩もいて、
改めて恵まれた環境で働かせてもらってたと感謝です。

慣れすぎて、ボスにもぶぅぶぅ言ったり、後輩にも偉そうだったぁ。

お口が先にでて、文句言いだったかも知れないけど、ちゃんとハートはあったつもり。
自分なりの筋は通してたつもり。
他人に求める分、自分もという気持ちは持ってたつもり。
だけど、長ーくいたら、居心地よくて、やっぱり甘くなってたかな。
初心忘れて、がむしゃらにということはなくなってたかな。
あと何日かきっちり働きます!

クリスマス、
昨日は先生サンタがケーキをくれて、夜は病棟のみんなでクリスマス会。

今日は先輩の誕生日会。

今年もあと1週間。
早いなぁ~。







プロフィール

あかしまもよう

Author:あかしまもよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR